読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんちゃってじゃ済まないカテゴリー

 オツカル様曰く「フォロアーの偏差値が日本一高いアイドル」、虹のコンキスタドールの副委員長である63回生Sさんについて、日記(5/16付)に「頑張ってほしい」と書いた数日後(の今日)、グループ卒業との発表がなされましたが、このブログがデスブログではないと信じたい。というか記憶が正しかったなら、2年経ったら受験に戻るという(担任の体育先生との在校時の)約束を守られた格好。医学部受験、これからが正念場ですね。

 火曜日に行われた校内模試国語、私は漢文の採点なので、保護者面談ぎゅうぎゅうのスケジュールの合間にガシガシ。今日の5時~8時の3時間を採点に充てられたお陰で、今日中に全部終了させられました。平均点は予想よりやや下でしたが、高得点者もたくさんいたし、評価は「例年並み」。

 さて、今週からA組のSHRにて「3分間スピーチ」がスタート、したんですけれどもクジで決まったトップバッターが地元「糸島の観光案内」をテーマに話したその内容が基本的に「ggrks」だったのに「?」となり、続く2人目が「高校で留年するということ」について、3人目が「麻雀の面白さ」って本当にこのクラス大丈夫なのか?

 さて、保護者面談の折り返し地点。何事もなく穏やかに過ぎては居るのですが、入れ替わり立ち替わりお出でになるお父様お母様にスマイルを振りまきながらお話しをし……ている内に「うををををっっっっ!」と感情の臨界点が来るというのは毎回のことでして。高3副担任で面談無縁の同窓同僚数学に「飲みに連れて行って!」とお願い。
 ちょっとお高め洋食「B」にて2人で歓談……職員室内のあれこれについての忌憚ない(汚い?)トークを肴に、ビールとワインと。

 同窓同僚数学は2軒目に行く持久力が無い(じゃない、自制心がある)ので、別のお店(昨日私が予約した「T」)で飲んでる奥様体育科に電話をして合流、夫婦で仲良くのお帰りをお見送り、からの2次会はその「T」でさっきまで飲んでた国語科先輩先生(演劇部・学年主任)と2人で。
 どこへ行こうかと商店街を駅に向かって歩いていたら、先輩先生が「あっ、Kくん!」……って、誰?
 見知らぬKさん(素面)は先輩先生の演劇仲間で、あたしゃ酔っ払ってるからどうでもいいやの始めましてで3人の居酒屋「Z」。暫くお話している内に、Kさんが我ら高1Aの演劇部員某さんの演劇の先生だということが判明して「いつも某がお世話になっております」「いえいえこちらこそ」と。ほうほう、演劇の先生と学校の演劇部顧問とのツーショットか、これは某さんが面白がるかも、と「写メ撮らせてもらってもいいですか~?」ってお願いした、ら流石演劇人なのか、何故あなた方は自分の決めポーズを持ってるの?