読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秘技 フリータイムキラー

 5時入りの職員室で、始業まで卒業生(64回生)の答案添削や頼まれていた資料の準備。答案・資料は、進路指導室に頼んで第1回校内模試の答案と一緒に郵送してもらいました。授業は1~4限の高1現代文。

 その後、帰りのSHRを副担任先生にお願いして年休。新幹線で、K駅から(新大阪乗り換えで)京都に向かいます。土曜日の午後に新大阪で会議があるのですが、土曜は授業がないので、どうせならばと金曜前乗りを決定。前乗りをする一番の目的は卒業生と飲むこと。飲み代に前乗りのホテル代に高1Aへのお土産代にとアホほど出費をしますが、48時間学校に行かず、会議と懇親会(計6時間)という仕事の時間以外はず~っと自由に読書・雑談・酒宴、という幸せの為になら相応の出費を自分に許します。
 本日の酒宴は63回生京大組文系のKくん・Bくん。先日、市内の野菜料理「B」で偶然Kくんのお母様とお会いしてご馳走になってしまったので、その御礼もこめて(7/21追記:その後、7/17のパーティでお会いした56回生Sくんに「次はいつ京都に?」と嬉しい質問をされたので、次の関西行きの際は是非)。

 新幹線では珍しいことに30分の寝落ち。流石に3時起きからノンストップで働いたり動いたりしてたのが身体にきました。後の時間は読書。
 京都駅からタクシーで宿泊の宿へ。条坊碁盤の道ですが、一方通行が多いために車の動きは毎回思ってるより随分複雑。初めての宿ですが比較的すんなりと見つけることが出来、チェックイン即出発(ギリギリの時間で店を予約していました)。
 宿から徒歩10分の店に向かう道すがら、小さめの大名行列がのし歩きだったので何ぞと思えば、自民党比例区今井絵理子氏の挨拶回り。パシャリと写メってTwitterにアップする私も随分廃人モードだと我ながら驚き呆れるばかりですけど、それより何より今井絵理子がもの凄いSPEEDでオバチャン化してたのに驚いたもんで。芸能・子育て・政治の果て(←筆が滑りました)。

 予約の店「R」には15分ほど早く着いたので、近くのコンビニでウコンを補給してから、10分前から店前に待機。Kくんは約束ちょうどの時刻に、Bくんは約束から10分ほど遅れて到着しました(流石、遅刻八部衆!)。
 面白かったのは、Kくんが待ち合わせ場所まで女の子と2人でやってきて、待ち合わせ場所で別れたこと。聞くのが礼儀かなぁ、と思ったので飲んでる途中で「彼女?」と尋ねたら果たしてその通り。「元担任の教員と飲む」という文化が信じられなかったそうで、別の女の子との飲み会(合コンとか?)を疑われたんだとKくん曰く。確かに、珍しい文化なのかも知れませんね。でもって、私はその彼女に「ふ~ん、アレなら良いわ」と査定されたということになるんですね。念のためですけど、この段落内の「待ち合わせ場所で別れた」ってのは、別行動に移ったという意味であって、関係を解消したという意味ではありませんからね。
 あ、そりゃ人気店にもなるわ、という料理・ドリンクを次々に注文しながら、「二人ともゆる~く学生生活を送ってるんだなぁ」としみじみと感じ入るトーク。京大の(そして吉田寮の?)宿命なんでしょうかね。吉田寮の方は、諸活動の果て眼が危ない輝き爛々、みたいな感じになってたらどうしようと内心心配(半分期待半分)だったのですが、流石にそういうこともなく。口数は少なかったけれど変わらずにシャープだったので安心しました。

 一応仕事で来ているので、次の日に残らない程度の飲み方(やっす~い居酒屋で短い二次会まで)をしてホテルに帰還。旅行中の不健康街道、ホテル下のコンビニで即席ラーメンを買って(凄い罪悪感と共に)啜り上げました。
 (不)健康睡眠。

 だから(不)健康起床。
 午前4時に目覚めたという記述は本来なら明日の日付の日記なのかも知れませんが、その後二度寝したので今日の日記に書いておきます。ベッドで目覚めたらつけっぱのTVでアニメ『坂本ですが』の最終回が流れていたので、何となく最後まで観てから寝ました。事前の知識が全くなく頭もぼんやりしており、かつエンディングを観なかったので、声優が誰だったのかは一人も分かりませんでした(後でwikiったら引くほど豪華メンバーでした)。