読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラゲ先輩

 このために生きている命の洗濯じゃぶじゃぶ、本日から5泊6日の上京旅行! 仕事のことも、自宅のリフォームのことも全て忘れて「非日常」の気分転換。いや~、ホテル暮らしが長くていい加減イライラしてるから、気分転換に東京のおホテルで5泊でもしてみようかしら、なんて。

 5日(金)……夜・渋谷「楓」(63回生)
 6日(土)……昼・代ゼミ新宿にて研修/夜・神泉「ぽつらぽつら」(がっ様)
 7日(日)……昼・池袋麻雀(56回生)/夜・池袋「あんぷく」(56回生)
 8日(月)……昼・銀座「梅の花」(オツカル様)/夜・新橋「鶏繁厨房」(でっくん)
 9日(火)……夜・大塚「みや穂」(55回生)

 いや~、(9日の昼を除き)びっちびちの予定を眺めるだけで緩頬ですわ。どうしましょ、がっ様・オツカル様・でっくんとそれぞれさしで遊ぶなんてどんだけ贅沢なんだ、と。神泉「ぽつら」に18期と行くなんて、野菜を毒と言って憚らないオツカル様がいる以上考えられないことなんでしたのに。でっくんだって、何が彼を変えたのか「K市から来た人でも絶対美味しいと思ってくれる焼き鳥屋を紹介します」とか生意気なこと言うようになっちゃって、ぞくぞくします。でもって、商社(銀行)万歳、就職してくれたら全額出さなくて済むらしいのよ卒業生相手でも、ってことで最終日のTくんとは大塚の贅沢名店、人生初のミシュランお星様店舗です。
 しかもしかも、何が嬉しいって、毎回の上京はいつもラスト2日くらいが「もう終わってしまう……」という微かな悲しみと未練とに彩られてしまうんですけれども、今回は9月末に再度3泊4日の上京があるから未練無く遊べると来たもんだ。最高だ!

 何気なく選んだシャツが第44回「男く祭」のやつだった程度には愛校心、明日(6日)の代ゼミ研修の教材をホテルに忘れて取りに戻るという小さめのミスはありましたが、無事に博多行きの新幹線に乗り……こむところへ、高1某くん(&お兄様の63回生某くん)のお母様に声をかけられ、ブログを拝読しておりますこれから東京なんですよねボン・ボヤージュ、と見送られたり。
 旅行中は完全なるツイ廃モード(ですので、後日書く日記もそれを振り返ればいいので書きやすい)。

 新幹線でK駅→博多駅→品川駅。山手線に乗り換えて大塚駅。今回の宿は大塚駅スーパーホテルでいつもとは違うホテル。新幹線の車内では、車窓を眺める、本を読む、駅弁を食べる(今夏初鰻)、CDを聴く(オツカル様とのカラオケ練習用)、コーヒーを飲む(コーラは遂に買う勇気が出ず)。
 品川駅のホームに出た途端、駅員の放送で「……特に、スマートフォンの位置情報を活用したGAMEアプリをお使いの皆様は……」というやや回りくどい注意が流されて都会感。

 のぞみ車内の読書では、高3の校内模試に使えるかな、という問題が一つ出来ました。出来としてはイマイチなので、予備問題レベルですが。
 中高入試・中1確認テスト・高3校内模試等、自作問題の本文は、年間20日程しかない旅行中の読書で見つけるケースが圧倒的に多いです。理由は明らかで、旅の余裕で活字を追う速度が日常より少し遅いから。仕事中の学校で普通の速度で読んでたら絶対見逃してしまっただろうという「アクロバティックな」切り取り方をしていたりするんですね。これまでの自作問題の中でいちばんの自信作(どや問)も、未明のホテルでの読書で見つけた本文でした。

 ホテルチェックインの後は、荷解きをしてすぐに出発。大塚→渋谷→駒場東大前。30分ほど、東大構内の「イタトマ」でお読書。

 駒下(駒場東大前駅西口)で待ち合わせは63回生我らが文系A組の「いつメン」。Bくん・Mくん・Eくんと元担任の4人で、これまで都内で卒業生を連れて行った店の中で最も値段が安そうな店、駒場東大生のソウルフード(だと私が勝手に決めている)、お好み焼き「楓」にイン。学部1・2年の時代には週に2~3回は食べた「いか玉もちトッピング」をつまみに酒を飲む。
 最初にやってきたEくん、開口一番「せんせ~、見て下さいよ~、ボク、ロンチュー出来るようになったんですよ~」ってそうそうこんな喋り方だった、と思い出しながら示されたスマホ画面を覗くと、お~くるくると回転しとるわお好み焼きみたいに(←巧くない)。「凄いけど、何これ?」「ロンチュー」「とは?」「ロンダートバク宙」「全く分からんけど、これはダブルダッチとは関係があるの?」「あるある。出来るまで2週間かかったもん。F先生(←F校ダブルダッチの先生)にも言っといて下さいよ~。あ、Bちゃん、見て見て~」
 あ~、こいつは今日はこの「ロンチュー」を2時間推してくるな。始まる前からプティ・うぜぇ(笑)

 案の定。
 私「E、お前今日『ロン宙』と『デライト』ってのしか言ってねぇぞ」
 B「ウザさが凄い」
 E「え~、だって2週間かかったんよ? そら嬉しいやろ~。F先生にも絶対言っといてねぇ」
 私「マジウゼぇ! てめ、どこ中だよ!?」
 E「ロン宙ですっ!」
 1軒目はそろそろお開き、くらいの時間のやりとり。

 で、結局Eくんが進振りの結果どこへ行くのかという質問、分かったような分からなかったような返事しか貰えなかったし。
 一方、意外だったのは文三Mくんで、経済学部をお考えとのこと。高3の東大現代文特講の初回、終了後に苦しそうに蹲ってたMくんに私とEくんとが「「大丈夫~?」」と気安く声をかけたら返ってきた台詞が「文章が沁みて……」で、声かけた二人の方が今度は「「かかかか、格好いいっ!」」と悶えて蹲った記憶(あれ、もう2年前か)。そら文学部に行くだろ、と思ってました。

 さて、駒場から歩いて渋谷、2軒目は渋谷のまぁまぁ使い勝手の良い居酒屋「G」。1軒目で焼肉に一品料理にお好み焼きにと割と食い尽くした感があったんですけれども、名物のハラミステーキだけではなく焼きめしにソバにと続々注文して若さ。飲み物の注文が(私以外は)ソフトに変わるのも若さですね(若い子、本当に飲まなくなりました。自分を差し置いて、良いことだと思います)。
 でもって、Eくんは明日5時起きで夏合宿、Mくんは22時半から別口の約束(凄いね)、更に更にBくんは同じ駅で降りるEくんに預けた方がいいね、というおねむ状態。私は体力(とお酒の容量)的に余裕があったのでBくんだけでも誘おうかと思ったんですけれども断念。

 22時のお早い解散ですが、まぁ私も明日が代ゼミ研修(仕事)だからOKということにしとこう。次にお会いする(予定な)のはEくん(9月帰省)リクエストで二日市「月空」。楽しみにしとこ……

 ……さっきの「ロン宙」の動画、メールで送って来やがった。凄いけど、やっぱプティ・うぜぇ(笑)