読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒントは3つ! そして答えは

 昨日の63回生飲み会、参加した3人は現役合格の2年生でしたが、彼らが口を揃えて言ったのが、「浪人合格組(の1年生)が全然勉強してなくてヤバい」
 予備校での強制的な狂勉(くるべん)の反動なのか、そもそも自分の足場できちんと勉強できる人だけが現役合格したのか。ってまぁ、伝聞だけで実際を見ていないので何とも言えませんが。

 さて、朝のtweet140字は昨夜の飲み会について。
 【『シン・ゴジラ』に感動のMくん。私「もし僕が授業冒頭の資料配布中、『シン・ゴジラ』は片桐はいりのお茶汲みに『日常性の維持』の尊さを密やかに象徴させ見事、と言えば」 M「凄い共感! 観られました!?」 私「否、ゴジラ系は一度も。TwitterのTLのしかもRT。教員、詐欺でしょ?」】
 これに、私のTLで「シン・ゴジラ」を布教しているメンバーの1人・まっぴぃが反応しました。
 ま「詐欺にもほどがあるw」
 私「それで、授業後に映画観た生徒が近づいて来たら、そっと手で制して『まぁまぁ、映画は一人一人のものですから』と(笑) Mくんに『フォローしてるの24人しかいないけど分かる』って言ったら『一体どんな人たちなんですか?』だって。まっぴぃみたいな人たち(笑)」
 ま「一人一人のものですからww お生徒諸氏が自在に転がされてるw」
 私「『僕は、きみが(実際に劇場で)観たようには(本当は予告編すら)観てはいないからね』と優しく(大笑)」
 ま「『君が観たようには』のレトリックが効いてるねえw」
 私「レ・トリックスターですから」

 新宿駅8時着、1時間以上かけて喫茶店朝食です(研修の資料を読み込みながら)。「沢村」という名前の(どうやら有名な)ベーカリーのイートインで、フレンチトーストのモーニングが……1400円っ!
 こんなぶ厚さ初めてだわというベーコンと小さなサラダとが付け合わせ。本丸のトーストはそれ自体がフワッフワで激甘なんですけれども、これに大量のメープルシロップがついてるのは最早狂気の沙汰(私はかけませんでした)。最後の2口3口はかなりきつかったですけれども完食。8月は太るぞ。

 本日のメインイベントは、新宿代ゼミタワーにて研修。「現代文の初期指導を考える~小学校から東大入試まで一貫して通用する基本とは?~」。
 講師の先生は、福岡・東京・新潟を飛び回りながら現代文の授業を担当なさっているそうです。ということは、F校生もお世話になっているのかも知れません。というか、やっぱり代ゼミに残った先生方はそういう回され方をさせられざるを得ないわけですね。

 研修冒頭で先生が書かれた板書を見て「当たり」だということが即座に分かりました。どのような集団に対して授業をする場合でも、初回の授業で必ず話されるお話が、日本語が「和漢洋混淆」であることと、入試現代文には「解答者・出題者・筆者」の3者関係がつきまとう(3者3種類の言葉がある)ことの二つである、と黒板を左右に分けて図示なさったのですね。ここほどはっきりと自分と同じアプローチで語る先生を初めて拝見したので、自分がやっていることはあながち間違いでもないんじゃないかなぁ、と自身が持てるんですね。10は年上で経験豊富な先生を「同士」呼ばわりしてはいけませんが。
 実際、ここまで基本的な構えとアプローチとが同じだったら、論理・概念・知識のどれをとってもお話の中に新しいことは皆無です。但し、「それを説明するのにその例を使うのかぁ」という点における膝打ちは最早連打。教材が88年共通一次(芥川「秋」)だという古さ志向だとか、「官僚養成の東大入試と、対照的な(文人養成の)京大入試」という言い回しだとか、一々「おれがあいつであいつがおれで」の展開にムズムズが止まらず。過去に研修を受けた多くのカリスマ諸先生に比べると風采・所作は今イチ(失礼!)でしたが(派手ではないという意味で)、中身はいちばんでした。

 大満足の研修後は、TQC18期会長であられるところのがっ様と神泉で待ち合わせ。本当はオツカル様も一緒の筈だったのですが(脱タマネギ剣士の)職場で急遽出張が入ったという嬉しい理由のドタキャン、場所はオツカル様が毒と言って憚らない野菜料理の名店「ぽつらぽつら」です。
 『刻命館』シリーズで知られる(←しつこい)某ゲームメーカーで開発の仕事をなさっておられるがっ様は、ゲームは勿論芸能文化全般に関する知識と考察との深みが尋常じゃないですから、絶品料理と日本酒とを戴きながら今の「業界」がどんなことになっているのかというお話を聴かせてもらい、鱗にほっぺに色んなものが落ちまくる。
 2次会は渋谷の「十徳」に移動してまだまだ日本酒を飲みまくってたんですけれども、私もかなり酒が回ってるしがっ様に至っては酔いと眠さで顔が赤ちゃんみたいになってるし、というど腐れ状態で、出張先の(これまた接待で飲まされて泥酔してたという)オツカル様に直電をして訳分かんない話をふっかけたり、最後の方はもうボロボロ。いや~、我ながらよく大塚まで帰れたもんだわ。

 今回はでっくん・がっ様・オツカル様とそれぞれさしの飲み会(オツカル様とはお酒なし)ですが、9月の上京では是非4人で一緒に(できれば他のメンバーも集めて)席を共にしたいところ。リンリン以外は、ウィークデイ9時17時勤務みたいですし。