読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩けメロス

 本日から2泊3日で実家帰省、本当は旅行にでもと母君は仰有っていたのですが、酷暑断念で冬以降に延期したのです。で、結局いつものごとくおねおねぐねぐねと。

 東京旅行での体重増加は3.0㎏(昨夕「もりき」に移動する前の段階)だったのですが、これは本日の昼の段階で戻っています。
 具体的な方法、以下。
 ①昨夜……「もりき」で固形物を食べない、徒歩でホテル帰還(30分)。
 ②本日……朝・昼過ぎの2回入浴、その間の学校仕事往復は全て徒歩(行きが30分、帰りが45分)、朝昼食抜き。

 早朝徒歩出勤で、ハンカチ一枚がダメになる汗だるま。ハンカチは職員室で洗って干しておけば1時間もせずに乾きます。暑い。
 デスクワークを昼過ぎまで行って、徒歩で先ずは工事中の自宅まで。アポ無しだったのですが、家の前に施工業者の車が駐まっていないのを見て、漸く今日が祝日だったことに気づきました。道理で、職員室も人が少なかった筈です。で、玄関を入って驚いたのは、家の中が壁床一切無しの伽藍堂になっていたこと。事前の打ち合わせでは、リビングや書斎の一部など、カビの被害を受けていない場所は残す計画だったのですが……と電話で確認したら、臭い移りがあるかも知れず、またカビの胞子はどこに付着しているのか判別がつきづらいこともあり、それなら念を入れて一切をやってしまおうということに決めたとの由。工事期間が更に延びるのだから、決めた時点でお知らせ願いたかったというのが正直な感想ですが、念を入れて下さるのはこちらとしても願ったり。長くおつきあいする(ことになるであろう)業者さんとですので、喧嘩下等。

 自宅からホテルに戻って入浴・着替え。の後、JRへ移動して小倉へ。新幹線は使わずに、2時間ゆったり読書をしながら。前述の通り、東京旅行中の体重増加は突貫工事で元に戻しましたが、実家2泊で再び増加するでしょう。実家なので2晩の酒断ちですが、母君に合わせて3食とも摂取するので(働きませんしね)。
 小倉駅前の「シロヤ」でケーキかパンかでも買って帰ろうかと思ったのですが、人だかりが出来ていたので諦めました。人だかりの中心には、国語教師なら一度はご尊顔を拝したい大物芸能人(金八先生)がテレビロケ。

 自宅までは20分の徒歩。シャワーで軽く汗を流したら、直ぐに夕食です。
 母君「学校の食堂でなら、独身生活でも安く美味しく果物や野菜やは食べられるでしょう?」
 私「え、ええ……美味しく……」
 本日のメニューは、シチュー(ジャガイモ・タマネギ・にんじん・インゲン・ショウガ・ニンニク)、サラダ(レタス・大根・セロリ・トマト・ピーマン・パプリカ)、パン(クルミ)、デザート(桃)、水(レモン)。質素ですけれども、野菜だらけ。