読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいよォ ごめんだとか べつにィ

 ホテル暮らしもちょうど一ヶ月が過ぎましたが、今日、施工会社からの連絡で、自宅の復旧は9月7日に完了、ホテルからの引っ越しは9月8日という日程が確定しました。やっと帰れるぞ~、っつってもまだ2週間は待たなければならないのですが。「城の崎にて」の主人公(3週間)の、結局は実に倍の長さの投宿ということに相成りました。

 本日は夏休み明けの生徒登校初日。9月1日の始業式を前に、課外授業が31日まで続きます。何人かの生徒に関しては夏に生活が崩れていないかと心配していたのですが、朝のSHRに行ったら遅刻・欠席者がゼロだったので安堵。それだけで褒めたらハードルが下がって良くないのかも知れませんが、やっぱり偉いと思う。

 1限テスト(英語)監督、2限テスト(国語)出題、3限高3漢文授業、4限高3漢文添削。生徒は半ドンで下校して、昼から私は明日(以降)の授業で返却する課題テストの採点をガシガシと。
 高1現代文採点。漢字は「激励・拘泥・到達・傾斜・助長・自慢・突出・抑止」の出題でこれは意外と骨。生徒は、未知の語彙については傍線部の片仮名(ジョチョウ)から読み間違えることが少なくなく、例えば「自嘲・自重・冗長」。「拘泥」は難しいですね、色々な間違いがありましたけれども、「降泥」なんて中島みゆきの曲のタイトルだなぁ、と思いつつ次を見たら「泥酔」って出て来てどんな間違え方だよ余計なお世話だバカヤロウ。

 16時前に、我らが63回生文系(1浪東大合格)Mくんが、お母様と一緒にご挨拶に来られました。律儀だなぁ。お母様も教員でいらっしゃるので、学校一般にまつわる色々なお話を。

 夜は「もりき」でサクッと。今日から「秋味」が入ると楽しみにしていて実際に入荷していたのですが、冷えが足りないから出すのは明日からだということ。お預け状態にして明日も来店させようという魂胆だな、全くもう。