読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにかえって これたから わたしにごくろうさん

 さて、昨日のFくんのお話、流石F校親玉大学の医学部ともなると奢り奢られる規模が私らみたいな庶民とは全然違うなぁ、ってエピソードがわんさかだったんですけど、熊本勤務の先輩から「ブルーシャトウ」の料金まで奢ってもらう約束をした、ってのは凄い話ですね。でもって、その先輩が「ブルーシャトウ」の予約時間と被った急患オペを(「婚約者の両親への挨拶」という嘘で)友人医師に代わって貰ったというエピソードは、全然面白く無かったけれども勉強にはなりました。「これ、滅茶苦茶面白くないですか?」という感覚はそら医者の側のものであって、私は患者側。
 あ、「ブルーシャトウ」って何だ? と思った良い子(善男善女)のみんなは、ググったりしたら駄目ですからね。

 あと、昨日のカラオケ、歌詞画面に出たタイトルを見て「『ドンドンドン、ドンキ~♪』的な歌?」って聞いたら、「お前、マジでぶん殴るぞ」ってFくん(11歳下の後輩兼教え子)に言われたんですけど、『君の名は。』と『シン・ゴジラ』とって絶賛され過ぎじゃないです?
 TwitterのTLもそうだけれど、生身のトークでもそう。観たという人、会う度会う度みな絶賛、泣いただ吠えただ熱弁した挙げ句、「(池ノ都は)興味ないでしょうけど、観た方が良いですよ」と。
 そんな、2本も映画を観る程の好き者じゃないんです、私。1本で済むように、神木キュンと怪獣(の、ようなもの)との両方が出てくる『ドラえもん のび太の恐竜2006』でもレンタルしようかしら。

 6週間滞在のホテルベッドで最後の起床、入浴。本日、いよいよ修繕完了の自宅に引っ越します。長かったホテル投宿もこれにてお仕舞い、しみじみ感慨深いものがあります。
 やっぱり、最初の7月末がきつかった。夏休み期間ながら課外授業が続き(しかも、私のA組だけ他の4クラスと違って毎日6時間授業)、9時17時の往復徒歩通勤は炎天下汗だくなのに片道につき普段より10分程長くかかり、慣れないホテル暮らしと合わせて心身を持って行かれました(か~な~り~ストレスが溜まってたの、生徒や同僚やにはバレてなかったかなぁ)。
 しかし、不幸中の幸い。次第にホテル暮らしに慣れ(諦めがつい)てきた頃、8月頭からは夏休みに突入、上京旅行や実家帰省といったホテル外の場所の宿泊で命の洗濯じゃぶじゃぶ、心身リフレッシュのお盆明けには暑さがだいぶ和らいでいて通退勤徒歩の苦も若干の緩和。修繕期間が夏休みと完全に被ったのは(工事はお盆もなしだったので業者側にとっては分かりませんが)私にとってはラッキーでした。

 いずれにせよ、本日は一日年休を取って引っ越しと新居用の買い物を。先ずはホテルチェックアウト。今回利用したホテル「W」は、歯ブラシと髭剃りとを受け取らなかったら5泊毎に500円のクオカードがもらえるそうなのですが、長期滞在の私は両方とも私物を持ち込んでいましたのでこのサービスに該当する客だったようです。何にもしていないのに4500円分のクオカードをもらってここでも得した気分。我ながら幸せが安い。
 やって来た業者さんに手伝ってもらって荷物を大型車に積み込み(私の体重より重たい本がやっぱり大変でした)、片道15分のドライブで自宅へ。自宅では、引き渡しに伴い(私のためというよりはこれは業者側のための)玄関の鍵の付け替えをする工事が行われており、古い鍵と新しい鍵との交換を行いました。同時に予約していたガスの開栓作業員の方がやって来られ、開栓作業と説明とを聞きました。その後、施工会社の社長・担当者の方々から経過報告書を見せられながらこの6ヶ月の流れの説明を受け(報告書、手作り感満載でミスタイプが散見されました。こんなものなのかな)、深々のお詫びを受け。
 残る作業はあと一つ、修繕工事期間中の光熱費(電気・ガス・水道)その他、私が立て替えたお金の返金。これが数日後に行われたら、手続きまで含めて全て終了です。別段欲しくもないから要求はしませんが、慰謝料的なものは発生しないみたいですね(←書き方がさもしい)。

 カーテンやベッドや家具、家電は全て引っ越し前の状態に戻っています。が、細々した後片付けは必要。
 業者さんたちが帰って一人になった後、先ずは家中の洗えるもの全てをクリーニングに出した分が帰ってきていたので、それをクローゼットに分類して掛けました。その後、寝具のカバーを被せます。本棚・CDラックに戻されていたものの並びをいじった後は、例えば歯ブラシ・浴用タオル・枕カバー・足ふきマット……等々本日買い足さないといけない幾つかのものをリストアップ。

 お湯を沸かして風呂に入って一息つくと、何というか6週間が走馬燈ぐるぐる。部屋・風呂・ベッドの広さと明るさ、テレビ・机・本棚の大きさ。一回奪われて初めて分かる自宅の有り難み。
 着替えた時点で13時。自宅徒歩3分の場所に最近移転オープンした老舗ラーメン「K」にて昼食。典型的なK市ラーメンですが私は別に好きという程でもなく、珍しい昼食は景気づけです(だから、ちょっと無理して大盛りを注文)。

 1時間歩いて血痰ネーミングショッピングモール「You Meタウン」へ。「ニトリ」その他で必要な生活用品を買い物。タワレコに寄って、ザ・ピーナッツのトリビュートアルバムも購入。
 帰りも歩いて歩いて帰宅、夜の飲み会に向けて(昼に食べた分の消費も込みで)徒歩往復でしたが流石に汗をかきすぎました。自宅に入る前に、コンビニで「パピコ」の梨味を購入。

 夜は、私が幹事で数学非常勤先生(院生)の若手有志歓迎会。6人参加(7人目が校務欠席)の国語(私)・数学・体育・体育・数学(被歓迎)・体育。年上から順に並べて、ついに先頭に来てしまいました(同窓同僚数学より私の方が数ヶ月早く生まれています)。
 非常勤先生が同窓数学と実家が近かったり、柔剣道の経験があったりと、初対面でも話してみれば色々盛り上がるところはあるみたいでガッツリ3時間。非常勤先生の手前、職員室生徒のディープな話(毒)は少なかったけれども、こういう和やかな席も大切にしないとね。