読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガマン出来ないのよ 少し、はしたないかしら ゴメンネ、ニャーオ

 健康睡眠を経て健康起床、早朝入りの職員室で授業準備・担任業務のデスクワーク。本日は1・2限が高1授業、3限が会議、4限が33回生の先輩方との打ち合わせ、昼休みが生徒面談(2周目)、5・6限が高1授業、SHR・掃除の後で放課後に高3理系漢文特講。こういう、ノンストップで予定が入っている日というのは、何にも考えずに仕事をしていたらいいので逆に楽チン。
 昨日の宴席がどストレートの狙い通りで盛り上がったので、同窓会幹事の先輩方との打ち合わせはトントン拍子の内に終了。というか、昨日どこまでお話してましたっけ? というのを確認しながらお話を進めて、何だ結局昨日全部決まってたんですね、という結論に落ち着いただけ。昨日の席での口調とはまるで違うビジネス敬語の応酬に微苦笑。
 特講終了後、18時から19時まで添削をやって(進捗35%)、夜は繁華街の「U」で魚料理。「秋味」(550円)と「生サンマ塩焼き」(850円)とがセットで1100円というキャンペーン。どちらも好きなので当然それを注文。ただ、「もりき」だったら単品で頼んでも更に安いんですよね(これは、家賃の問題もあります)。

 さて、書いたことがあったかなかったか。私、サンマを焼いたら必ずワタ・頭・背骨・尻尾、も全部食べてしまいます。要するに、皿の上に何も残さない。醤油・柑橘その他の「かける物」も一切拒否なので、とにかくサンマ一匹をどん! と皿の上に載せてもらえばそれで良いのです(大根下ろしは、あれば食べますがそれにも醤油はかけません)。
 ……というのをSHRで生徒に話したら気持ち悪いと大ブーイング。私、全部を食べない人を信用しないんです、とポロッと喋ったのに後で真面目な男子が食いついた。「どうして信用しないんですか?」「食べてみて駄目だってんなら問題ない。食べてみてもないのに『気持ち悪い』というのはアウトじゃない?」

 そう言えば、昨日の夜に63回生我らがA組Fくんが「帰省したんで、15時半に遊びに行きます!」っつーもんだからず~っと待ってたんですけど音沙汰がねぇったらありゃしねぇ。で、結局17時半の特講中に「昼寝のつもりが、今……」とある種想定通りのメール、これは流石「遅刻八部衆」の三つ子の魂。会えないのは残念でしたが、まぁ人間ってやっぱりそうそうは変わらないよねぇ(っつか、大学生になったらその辺の時間感覚は更に崩れるのかな)ってのが確認できましたし、一瞬でもわざわざ学校に来ようと思ってくれただけでまぁ良しとするべきなんでしょうね。

 寺沢大介ミスター味っ子 幕末編(1)』読了、★★。これはいくら何でもやり過ぎかな。やっぱり私は、アニメ版のDVD-BOXで充分です(ただ、飲んで帰ってこれを観始めると、腹が減ってついつい「追いカロリー」しちゃうんで怖いんですが)。