読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本国国歌でございました。

 で、5時に目が覚めるオッサン。あれだけのどチャンポンで二日酔いにならなかったのは偏に「ハイチオールC」のおかげ。ここぞの「ハイチオールC」ですが、昨日は今年を代表する「ここぞ」の一つだったと思います。Tくんは「酒は先生の方が強い」と仰有ってましたけど、いやもう16の歳の差でさし、っての自体が過酷なのよ。あ、Tくんからはきちんと御礼のメールが届きました。育ちの良さってこういう一通とか、或いは二郎系「S」のラーメンを一口食べて全部残したというエピソードとかに出るんです(大学生べからず集、⑧豚のエサを食うな)。

 池袋に出て、お気に入りのネカフェで書き物(仕事・日記)。開店と同時にジュンク堂本店に飛び込んで背表紙読書逍遙、籠一杯の本は配送を依頼せずに紙バックで持ち歩きます。2枚貰ったコーヒーチケットは、今回の旅行では使う暇はなさそう。

 昼食の「光麺」の黒い担々麺は今イチ(しかし1000円って凄いなぁ)、一旦大塚のホテルに戻って荷物を置き、日本橋へ移動。高島屋にて「こち亀展」を見ます。エレベーターガールと一緒にエレベーターに乗るのは久しぶり。会場階で下り際に「左手、『こち亀展』で御座います」とウグイスの声で言われてちょっと面白かった。会場入口には、等身大(?)の両さんパネルと、両さん眉毛のコラボキティパネルが。
 会場の中には、歴代の部長激怒オチパネル、こち亀「不信用」金庫残高(全てのエピソードの両さんの収支を計算)、コミックス全200巻の表紙一覧、原画展示、オリジナルエピソード公開、等々。見応えがあったのもそうですが、とにかく人が多かったので全てを観るのには相当時間がかかりました。因みに、全エピソードの両さんの収支を計算したら、-1663兆2928億5903万8850円になるそうです(引き出し総額が1704兆8250億122万4250円、預け入れ総額が41兆5276億4218万5400円)。
 物販コーナーの儲けが連日凄いことになってる、とワイドショーで言ってたような記憶ですが、私は記念の新聞と(書店でも買える)DVD付きマガジンとだけ。

 今度は神保町へ移動。ジュンク堂と同じく古書街背表紙読書逍遙、袋に一杯の本は授業用・卒業生プレゼント用。雨が降ってきたので「さぼうる2」に入ったら、雨足がなかなか弱まらずに思わずの長居、これで夜の待ち合わせの時間が怪しくなってきました。
 再び大塚のホテルに戻って荷物を置き、今度は池袋へ。18時「知音食堂」での待ち合わせですが、結局(池袋西口で合流したオツカル様と2人で)到着したのは18時20分。この時点で、先に店に来ていたのはNくんだけでした。

 本日の「知音食堂」は、私(TQC18期・F校教員)、オツカル様(TQC18期・F校は全く無関係)、F校56回生教え子(Nくん・Oくん・Mくん・Sくん)、前述Oくんの奥様、という7人編成。オツカル様と卒業生のマリアージュは、面白さにおいて全く不安なところがありません。それが証拠に。
 警察庁Mくんから「本日昼に急遽国会大炎上案件が出来したため大幅な遅れが見込まれます」と来たのにオツカル様返して、「えっ、まさか三重国籍だったの!?」って。そんなん笑うに決まっとるでしょ。

 結局、三々五々の集合で全員が揃ったのは19時を大きく回っていたのですが、そこはチャイナタウン「知音食堂」だから大丈夫、厨房も客も(良い意味で)いい加減なのです。辛い辛い料理をビールで流し込みながら歓談。
 Oくんが家電・ゲームの話をしてもオツカル様は打ち返せる、警察庁Mくんは初年度研修が西成だったのですがオツカル様は大坂時代に西成・飛田新地がお気にだったので話が盛り上がる、と初対面だろうが何だろうがお構いなしの盛り上がりはドンズバで狙い通り。
 ただし、オツカル様が卒業生の前で恩師(私)の黒歴史を掘り起こし倒そうとするのは参った。大学時代、品川庄司とサバンナとはネタを完コピ出来るくらいのファンだった、って自分でも忘れてましたよそんなこと。でも、今でも言えます。「上の品川と下の品川に分かれちゃう!」「この中にお医者様は居ませんか!」とか「撃ったな~、ま~なん撃ったな~!」「おもてたよりずっと痛い。避けれた」とか。
 でもって、今日のオツカル様の最高にして最悪のネタは、映画『君の名は。』のネタばらし。全くの不意打ちで私に「『君の名は。』って女子が××××××って映画でしょ?」って、その後2分間笑いが止まらなかった。

 さて、遅れてやって来た警察官僚Mくん、途中からかなり調子に乗り始めて瓶ビールを続々注文、おぅおぅ警察庁なんてそら体育会系なんやろうねぇ、という勢いでNくんのジョッキに注ぎ倒しまくってます。まぁその後は当然の如くNくんトイレに籠もりっきりで吐き倒してたんでしょうけれどもオッサンはそんなの気にしない。Mくんに命じて介抱させながら楽しくお喋り続行。ったく、相変わらず若気の至リーマンどもです。
 別段叱るようなことはしませんけど、店を出るときMくんに「分かってるよね?」と確認、7人分の会計は払って頂きました。

 さて、6人と、Mくんに抱えられた1人とで、当然もう1軒行くぜという話になり、どん潰れのNくんがソファで寝られる場所といえば、のカラオケボックス(連チャンかぁ)。26歳5人(内1人脱落)vs36歳2人。
 で、Sくん&Oくん夫妻の若者アニメ攻撃を、ここでもオツカル様が絶妙な選曲で打ち返す、伊達に長い間玉ねぎ剣士(注:無職のこと)やってねぇ、ってなもんです。私が「おそ松くん音頭」を歌ったら、Oくん奥様が『おそ松さん』の曲を歌って下さいました(可愛らしいアイドルソングに聞こえましたが……)。あと、流石の警察官僚Mくんが突然「君が代」を入れたのは面白かった。Mくん曰く「体制側の人間として護国の心意気を顕示したく。生前退位なんぼのもんじゃい」だそうです。

 さて、終電で帰りたいMくんが諭吉2枚を置いて先に部屋を出て行き、残る6人はタクシーで帰還(オツカル様、初対面の56回生と余裕の相乗り)。私は一人で隣駅の大塚まで。
 カラオケボックス代の25000円、不足の5000円は私が出しました。一次会は良いとして、Mくんの二次会はこれは出し過ぎですから、今夜参加した56回生は全員Mくんに3000~4000円の借りがあると思っておいてね、とメール。

 ……なんだか、昨日よりも飲んでるかも知れないなぁ。
 ホテルで健康睡眠。