読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先へ先へと はしるのです 目がつぶれ

 午前中から仕事をして夕方から飲む、というその午前中を9時、夕方を18時と想定していたのに、何故か普段通りに目が覚めて学校での仕事始めが5時、仕事が捗って仕事終わりが12時30分、とかいう状態に。
 よっしゃ買い物、よっしゃ映画、等々の「よっしゃ」がどれも金を食うことを考える給料日前、結局昼から居酒屋「S」で読書独酌、17時には自宅のベットでバタンキューの状態でした。阿呆か。

 古市憲寿『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』読了、★★★★。評論界きっての誘い受け社会学界の「ぶってぶって姫」こと古市憲寿キュンが主人公の薄い本(新書)は、キュンが12人の大物社会学者と絶技合戦を繰り広げる「総受け本」! 最早タイトルからしてSM! 上野千鶴子小熊英二の仲良し二人から「古い」と叱られたのも(若者の古さを衝く快感への誘惑を知る上での)受けの誘導! フィロソフォス・佐藤俊樹への「佐藤さんにかぎらず、社会学者って、どうしても皮肉屋だとか意地が悪いというイメージがあるんですが」(p58)という質問のくぱぁ感! 見事なまでの「受け受けしさ」で御座いましたご馳走様でした。
 加藤元浩C.M.B. 森羅博物館の事件目録(33)』読了、★★★。「いつかの文学全集」に1票、スピンオフ(要は宣伝)が登場した小説を読むかは思案。