読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙図書館

 それにしても日曜日の『法律相談所』は、流行の用語で言えば「神回」でした。これは客観性のない個人的な感想ですが、とにかく清水ミチコが再現VTRでユーミンを演じ、ワイプのユーミンが「似てる」と笑ったというその一点だけで十分。この衝撃は凄かった。
 で、本日、ユーミンの新譜『宇宙図書館』の(フライング)発売日。これは絶対に今日中に買わなければならない。

 先ずは3時半起床で5時学校入り、昨日の特講の添削をガシガシ……これが割とあっさりと終わった。のは、土日の受験疲れなのかも知れませんが何故か受講者がいつもより7名も少なかったからでちょっと頂けない。来週からは奮起して欲しいところ。
 続いて、1限が担任業務と板書準備、2限が高3文系漢文(東大コース)。2限の授業では「本日学校を抜け出してユーミンの新譜を買いに行くので、皆さんの添削を放課後に返せなかったらゴメンなさい」と謝っておきました。「優先順位が違うんです」との言で一笑い。
 3限が高1A組の現代文、の後20分休みと4限との合計70分で奇跡的に2限の答案16枚の添削が(集計まで)間に合った! というわけで添削答案を高3文系先生に託した後、昼休みは生徒面談。
 からの、年休取った5限から60分の勝負外出は先ずタクシー10分で学校から血痰ネーミングショッピングモール「You Meタウン」、タワレコで『宇宙図書館』をゲット、帰りはCDウォークマンでそれを聴きながら徒歩徒歩と30分。
 6限の学年会議に余裕で間に合う時間に学校に戻ってかっぽれ、会議の後は7限が学年集会で、そこで私は15分程(土曜の保護者会と同じ内容の)お話を。教務部からの第3回定期テスト講評でしたが、内容が割と厳しめなので、予定通りお生徒さんたちは水を打ってました。そういう雰囲気のお話も、やれと言えば出来ないこともないのです(好きじゃないけど)。
 SHRと掃除を終えたら17時。

 今日は『宇宙図書館』の日なので、生徒の下校完了時刻(18時)を待つことなく速攻の帰宅、お風呂に水をためながら『宇宙図書館』、風呂上がりの身体を拭いて着替えながら『宇宙図書館』、「もりき」で飲んで帰って酔い覚ましのお茶を飲みながら『宇宙図書館』。