読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぼの中から ハハハン ハ とんでくる

 3時半には起床したのですが、外がとんでもない雷雨だったので、入浴後は雷を避けて7時まで家で読書や仕事をしました。雨の上がった7時過ぎに家を出て、学校入りは7時半。今日は授業がなく一日デスクワークで良い日だったので遅い職員室入りでも問題はありません(授業がある日だったら、タクシーで5時に出勤していました)。

 15時まで仕事をして一旦帰宅、風呂につかりながら今日の夜はどうしようかなぁ、と予定を考えていたら、風呂上がりの携帯にメールが届いていました。
 中2の修学旅行引率から本日帰還の先生のうち数人が慰労会をする、ついては「30分後に始まるからお前も来い」というベテラン体育先生からの命令。ドタキャン欠員補充でした。
 現中2の生徒とは全く縁が無いのですが、主任数学先生・担任体育先生とは63回生高校担任を共に務めた間柄、お困りとあらば即参上、とメールから5分後にはバスに乗って現地へ。結局私が最初に着いて、それならばと会計をやることに(図々しくも門外漢が参加する以上働くのが当然)。コース予約だったので、到着する先生方から「関所」として最初に参加費を徴収するのですね。コース飲み放題の店ならば、最初の乾杯の前に会計を済ませておくのが常識です。

 で、1次会居酒屋→2次会バー→3次会屋台、と店が変わる毎に『金田一少年~』みたいにメンバーが少しずつ減っていきまして、3軒目に残ったのが私・担任体育・主任数学の3人。まぁこうなったら話題は中2ほったらかしで63回生の噂話になって、盛り上がって盛り上がって2軒分食い散らかした後だというのに麦酒におでんに最後はカレーまで注文して。
 3時半起床のおめめトロトロ状態じゃなかったら絶対ついて行ったのですが、屋台を出た体育・数学両氏は「ラーメンを食う!」と夜の街に消えていきました。あのね、中2のお生徒さんたち、絶対大丈夫ですから、この2人が居たら何からだって守って貰えますから。

 永田カビ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』読了、★★★★。書店平積みで気になっていた本を、職員室の先輩から薦められて貸して頂きました。メンタリティ・セクシャリティ共に作者とは断絶で共感共鳴する箇所はほぼ皆無だったのですが、必死に自己の精神を腑分けする迫力に引き込まれて一気に読み切ってしまいました。描くことが生きることならば彼女は生粋の漫画家と言うべきなのでしょう。