読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦労忘れる トコトン酒場

 第4回定期テストで、我らA組の某さんが1位を確定させました。ある程度より上の世代の卒業生には意外かも知れませんが、高1の定期テストで外進A組の生徒が1位を取るのは2014年度の第1回以来で何と約2年半ぶりです。そして某さんは文系進学(予定)なのですが、文系進学の生徒が1位になるのは2013年度の第5回以来で約3年振り。天晴れな快挙と言っていいんじゃないかな。クラス別の平均点でも、今回は数学1科目だけが別問題であとは全て(内進と外進とが)同じ問題だったのですが、何とかA組が1位を死守しました。安堵。

 ……と油断してたら、大事な仕事を忘れていました。明後日(土曜日)が職員室の忘年会なのですが、その二次会のことを何にも考えていなかった!
 私は幹事団ではないですが、どうせ「二次会どこ~?」って聞かれるに決まってるから事前に手配しておくんですね。だって、忘年会シーズンの土曜日の20時半なんて時間に飛び込みで団体が入れる店があるわきゃないんですから。で、朝、それをすっかり失念していたことに気付いて幹事団の体育先生に話しかける。
 私「ねぇ、二次会、決めてないよね?」
 体育先生、無言で出席者リストを提示。成る程。ん~、これは時既に状態で「詰んでる」かも知れないけど……。

 8時40分のSHR開始前に学校中を駆けずり回って、一次会参加の先生方に二次会参加の可否を聞きました。15人前後が二次会に参加なさるというお返事。通常業務の合間、10時過ぎに超大型の居酒屋「S」「K」に電話して玉砕。昼から真夜中までず~っと空いてるタイプの店舗は、予約の切れ目がない様子。
 幹事力総動員。一次会は肉料理で腹一杯、西鉄から徒歩3分の店だから二次会は西鉄から遠くて5分。お酒と軽いおつまみとで2時間程度滞在できて、なおかつ20人弱の広間があって、20時30分に1回転目の客が捌けてそうな(つまり18時開店の)店……確か、西鉄近くの居酒屋「S」はランチ営業してたよね。
 と、ダメ元で11時30分に電話して奇蹟、20時15分退店の団体の片付けを待てば、30分過ぎから20人の広間が空く、というお返事。即座に「イケモト」の名前で予約しました。しかも嬉しいことに、1800円2時間飲み放題で単品注文が出来るという理想的環境。最初に人数分のつきだしと、一人前を2~3人でシェアできる形でサラダ・お刺身とをセットしてもらうようお願いして、他に食べたいものは店に着いてから決める、という流れ。
 予約後、一次会会場から二次会会場への地図を付した案内状を作成して、参加の先生方に配布。飲み会まわりの作業を業務時間にやるのはあれですけれども、一刻が勝負だったし、まぁ一次会は公式のイベントだし、と自分に言い訳。因みに、料理内容は「最初にサラダ、以降単品」と書いて刺身は内証。生魚アレルギーの同窓同僚数学が嫌な顔しないように。

 今日は、夕方に別のお店(焼き鳥)に電話をして、新年2日の飲み会(58回生Iくん)の店を予約。自分が行かない飲み会の幹事を引き受けた分はあるにせよ、この一週間、一日で2軒のペースで(東京・K市の)飲み屋の予約をしています。私、大丈夫なんでしょうか。