読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野槌砲スタンバイOK

 授業は現代文3コマ(漱石「開化」)。来週の木曜日が終業式で、月~水に「開化」を後2回、即ち5クラス全10コマが終わったら、晴れて2学期の授業は全てお仕舞い。もう少しです。

 放課後の教室。4択クイズ、いちばん酷いのは誰?
 A「先生は結婚はしないんですか?」
 私「えっ、一人で?」
 B「ってか、そもそも結婚願望があるんですか?」
 私「あるに決まってんでしょ。あのね、新居3LDKよ? 『ただいま~』って声が小さく反響するんだよ?」
 A「なら婚活しないといけないじゃないですか! 何やってるんですか!」
 私「なんで僕が怒られてんだ、あんたらが世話ばっかり焼かすから暇がないんやろがい!」
 A「職員室があるでしょう!」
 私「右見ても左見てもおっとろしいのばっかりやないかあっ!」
 C「え~、左を見たら誰がいるんだろう?」
 ……私はCくんに一票。

 午後は15時頃まで仕事をして一旦帰宅。お風呂にお湯をためながら、こないだ5万で買った東芝のコードレス掃除機を取り出して組み立て。入浴後に着替えて、満を持しての掃除機お試し運転……をしたら、何というか凄すぎて言葉もなく。部屋・廊下・洗面所・トイレをすいすい軽々、埃に毛髪に紙片にとあらゆる物を吸い込んで瞬殺、これ、野槌の威力だわ。
 靴下・ネクタイは卒業生から、ハンカチは事務員さんから、ネクタイピンは国語科恩師先生から、YシャツはK市の母・Hさんから、そして靴と身体は母君からの頂き物……っつーこた、容器も中身も全てが賜り物の私です。感謝感激を忘れてはいけませんが、ヤなこた全部忘れよう、の公式忘年会を市内某店を貸し切りで。

 私は二次会に皆さんをご案内する仕事……具体的に言えば入店15分前の確認の電話、先生方16人の先導、最後の会計……があるのと、くじ引きで決まるテーブルが校長先生・教頭先生のいらっしゃる「A席」だったのとで、一次会は正直緊張状態。飲み放題に瓶ビールがあったので、自腹じゃ食べない高級な(でもって量は多くない)お肉を肴にビールを手酌でガンガン飲みまくり……多分、中瓶で7、8本くらい飲んでると思ふ、げふ。
 一次会の途中でちょっとした「出し物」があったんですけれども、あのPPAPは面白かった。まさかまさか、あの方はともかくあの方までが完コピ披露なさるなんて(校長先生もお喜びでしたね)。
 二次会は気心18人だったんで、思うさま騒いで叫んで(流石にあんまり飲まずに……生中5杯くらい?)、最後は完全に喉がバーストしてたんで、三次会には行かずに同窓同僚数学夫妻と3人でタクシー分乗帰宅。楽しかった~、ゲホゲホ。
 23時就寝。