読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強しなくても 誰にも叱られない おじいちゃんて いいな

 寝たのは1時過ぎだったんですけれども、余裕で4時前に目覚めましたよ。これは、あれですね、昨日の日記では「おっさんが若ぶって」とか書いてしまいましたけど、あれは嘘で、私、お爺ちゃんだったんですね。飲もうが夜更かししようが、目、覚めちゃうのね。
 大浴場ではなく部屋風呂で入浴して出発。5時の有楽町線ですが、「起きてる?」というEくんへのメールの返信がないのを不安に思いつつ乗り込み、滑り出したらもう引き返せない、正直朝っぱらから油ものなんて露程も食べたいとは思わないけれども独りででも決行する覚悟で。

 幸いなことにIくんもEくんもちゃんと始発で築地市場駅に来て、3人で朝食ツアーを敢行できることに。ダブルダッチ世界選手権の応援で渡米したというEくんからは、METのグッズ(栞)をお土産にもらいました。
 マツコ・デラックス冠番組で絶賛したという築地「八千代」のアジフライ、確かに美味しかった。6時の揚げ物屋は3人で並んで座れる空席があり待たずに入店でき、揚げ物盛り合わせの定食を3人ぞれぞれが注文、私はライスと揚げ物の半分とを大学生2人に回して瓶ビールを注文。朝だろうが昼だろうが夜だろうが東京で飯に誘われたらそれは飲み会と相場が決まっておる。だから今回の上京旅行は5泊6日で飲み会6回です。単品のフライ・豚カツ、おつまみにご飯のお替りと追加注文続々、私も瓶ビールを追加して幸せ。若者2人の大学生活トークを肴に、滞在50分で気づけば10000円分も飲み食いしてましたよ。築地の店は安くないとは言え!
 入店前真っ暗、退店時暁、市場内はターレットトラックがびゅんびゅん走り回ってて危ない危ないとそれをよけつつ。ターレットは市場のおベンツ。場内の立体駐車場から、一般車とターレットとが交代で出てくるのを見てたらなんだか笑えてきます。さて、お腹一杯揚げ物食ったら甘いものでも食べたくなるのが体育会系大学生の生態、あんたら2人とも朝ビールの恩師を「おかしい」とか言ってるけどその食欲の方が世間的には「おかしい」んじゃないかと思うよ私は。とは言うものの、築地から新橋まで歩く道すがら、カッコいいスーツに身を包んだお兄さんお姉さんとすれ違うのはやっぱり罪悪感、朝ビールから2軒目に向かってるわけですからこれは徹マン帰りよりも恥ずかしいかも。というわけで入店の「Jonathan's」で若手はスイーツ、私は生2杯、で解散!

 既に一仕事終えた感じでホテルに戻って9時、大浴場でのんびり湯船につかって10時。聖地・ジュンク堂本店を逍遥の背表紙読書、籠いっぱいの本を買って一旦ホテルに戻って12時。荷物を置いたらすぐに出発して神保町、ここでも仕事・趣味の本を買い漁り。
 神保町~水道橋~本郷三丁目と徒歩。本郷東大へはトイレを借りるためだけに立ち寄りまして、本郷三丁目から巣鴨を徒歩。その昔、巣鴨に住んで自転車通学をしていた時は20分弱だった道を、の~んびり歩くのが割と好きなんですね。あ、ここにこんな店あったわ、とか思い出しながら。途中、本郷のそばですれ違った大学生らしき青年がぎょっとした表情で私の顔を見て、目が合ったんですけれども記憶の中の誰かと一致せず、もしかしたらF校の卒業生だったのかも知れませんが。

 巣鴨ではとげぬき地蔵にお参りをして、バスで池袋東口へ。16時半にホテル着、大浴場でゆったりと湯浴み。更衣室の体重計に全裸で乗ってみましたら、61.8㎏の値。
 昨日の56回生飲み会の直前が61.8㎏で、今朝の築地朝ごはんツアーから帰った後の風呂上がりが63.9㎏でした。でもって今が61.8㎏。ということは大体、2回飲んだら(睡眠を挟んで16時間で)2㎏増えて、風呂と散歩とで(6時間で)2㎏戻したという計算でしょうかね。

 本日の夜は19時約束の55回生Tくん。前回は大塚の「みや穂」で飲んで、その後Tくんの希望で池袋「知音食堂」に向かったんですけれども満席返り討ちにあってしまったんですね。というわけで本日は事前予約で1軒目から「知音」です。

 ホテルから徒歩5分弱、約束の19時少し前に「知音食堂」に一人で入り、15分遅れで到着予定というTくんからのTwitter連絡を確認(本当に便利な世の中です)。で、彼が到着する時刻を見計らって、19時5分に最初の料理を注文。麻婆豆腐とか牛肉の水煮とか、最初から前回で辛い物を頼みまくりです。明日のトイレが怖い。
 水煮が届いた瞬間にTくんが仕事着のまま到着、青島ビールで乾杯、からのビールビールビールで四川舌鼓。Tくんとも、私が東京に来たり、彼がK市の実家に帰省する度に会い倒しているので、話は全然積もってなくて「最近どう?」の応酬終始です。それにしてもリベンジ「知音」は辛い、ということで私は途中からビールを切り上げて紹興酒を温で1本。注文してからTくんが紹興酒を飲めないということを知ったので、一人で丸っと空けることに(結果的に、店を出る時に2割ほど残してしまいました)。
 Tくんは最近、通風的なことを考慮して生活(飲み物を選択)する必要が出てきたって頻りに仰ってます。の割にはビールだ日本酒だ何だと山手線沿線中の店を蹂躙しながら呷り倒してるような感じですけれども、それも私との飲みごとがある時みたいなスペシャルな(←自分で言う)場だけだということなのかな……って、多分違うと思うけれども(何せ、大学時代はこれぞ文系文化系「静かなる激飲み」の人でしたから)。

 1軒目が辛かったんで2軒目はあっさり、と歩いた先はうどん屋「あんぷく」。ここでも、燻りがっこやするめやのおつまみから、カルボナーラのうどんまで色々食って、日本酒をガンガンと呷って。
 明日も仕事、というTくんとは23時前にお別れ(次は3月の上京かな)。ホテルで健康就寝。