読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働かないアリに意義がある

 「徹子の部屋」制作委員会『「徹子の部屋」の30年 あの名場面をもう一度』読了、★★★★。10年前の30周年記念本を、昨年の(世間的・私的)徹子ブームをきっかけに購入。アーカイブとしての充実は特集本(ムック)に全放送回の出演者リストが纏められる等する40周年を待たねばならないが、大人数を短く切り取ったスターのトークダイジェストは読み所多し。あと、大正~昭和の大女優の言葉遣いの美しさには襟を正される思いがしますね。

 本日は、制度を無視して勝手に行う、高1現代文第4.5回定期テスト。授業進度が早く、各定期テストの試験範囲が膨大になることを懸念して、折り返し地点で1回テストを行ってしまうというイベントです。0.5回で出題した文章は正式な定期では出題せず、その得点を平常点として加味するに留める作戦。という訳で、第4回以降の授業で扱った3種類の文章を、本日1限に全クラス横並びで出題。
 同じ時刻に、高3の二次対策テスト会が行われており、本日は11時過ぎに高1の答案が200枚、高3漢文の答案が50枚、まとめてどん! とやって来ました。ので、昼以降はガッシガシに採点・添削三昧。高1は明後日、高3は明日の朝に答案を返却します(高3の添削は終了、高1は進捗40%まで)。

 夜は「もりき」で牡蠣しゃぶ。〆は豆腐で、生姜をたっぷり使って出汁にはとろみをつけて貰いました(餡かけみたいな感じ)。