読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もひとつオマケだ ガバチョノバ カモネギ カモネギ

 4月に地下アイドルライブ遠征と熊本帰省とを兼ねて来福するというオツカル様から「付き合え!」という@ツイートが来て一も二もなく諾々のお返事。「一緒に里咲絵恋宍戸留美ライブ観ようぜ!」って@ツイートを「絵恋」さんご本人が「いいね!」するというような密度には多少引いてますけどね。しかし、宍戸留美って、めちゃ大御所じゃない?
 ……思い起こせば、大学時代に誘われて高田馬場の小さなライブハウスに小湊美和さんを観に行ったことがありました(とても歌が上手くて驚きました)。あれが、アラフォーになったオツカル様が地下アイドルにどハマリする遠い遠い昔のフラグだったのかも知れませんね。

 本日は生徒半ドンで私は授業無しのデスクワーク、午後から高1学年保護者会でお父様お母様に高2(文理分け)以降の学校生活(というか入試勉強生活)の概説をするというイベント。1時間の概説は全て学年主任地理先生が担当なので他の担任団は受け付け業務のみ。学年保護者会が終了の後、各クラスに分かれて茶話会(クラス担任と保護者の方々との懇談)が行われたのですが、私の挨拶の後で壇上に立たれた副担任英語先生(56回生・62回生)の挨拶が最高にロックで痺れました。だって、高校共学初年度56回生の学年主任が、中学共学初年度67回生の保護者を前に、56回生女子全員が28の歳で全員未婚だと置いた上で「F校高学歴の女子に結婚は無理、況して医者にさせたいなら孫は諦めましょう!」と言い放ったんですから。

 夜は、仲良し中3英語先生と「もりき」で鴨コース。今年の猟期が15日で終わりなので、冷凍ではない鴨が食べられるのは今日明日あたりが最後のチャンス、ということで。一年に一度一緒に鴨(鴨刺し・鴨焼き・鴨つみれ鍋)を食べるのが恒例行事なのです。