読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親ぬ寄し事や 肝に染みり

 健康起床、入浴と早朝ネカフェ。その後、池袋東口の「中本」に10時開店と同時に入店して蒙古タンメンを食べました(瓶ビールも1本)。一昨日の64回生Tくんとの昼飲みの時に話題に出てちょっと引っかかって、昨日の朝の「フレッシュネスバーガー」で63回生Eくんが「今北極にはまってるんすわ~」って言ったのにむむむっとなって、その後の63回生Oくんが「辛くても美味しいから私は好きです」と宣ったので洗脳が完了、全く意図せず偶然に3度も囁かれたらダメですね、朝起きた段階で頭の中は蒙古でいっぱいになってました。因みに、以前Eくんは私に「客を豚扱いする店になんか行くんじゃねぇてめぇは豚か!」と罵られて以降、「二郎」を一切断って北極一筋だそうです。

 さて、昨夜の63回生Hくん(東大工学部)との会話。
 H「先生の『人が好きなら文系、物が好きなら理系』って言葉、理系を選んでもずっと頭にありました」
 私「大学で、結局同じじゃん、って解った?」
 H「はい!」
 まぁ、出来る人はね(Hくんは元「土木」現「社基」と呼ばれる人気学科に進学です)。私は出来ない人なので文系選んで物には興味なし、それが証拠に、上野に移動して科博「大英自然史博物館展」なんですが、2時間弱滞在して鉱物展示の全てを無視しましたから。入場制限で整理券まで配布の大人気企画展のロマン、私には理解の外です。動物は好きなので、専ら骨を見て喜んでました。
 因みに、科博は特別展以外の企画展も穴場で、今は「理化学研究所百年 アルマイトからニホニウムまで」。最近の理研と言えば、F校生なら体内時計の上田泰己先輩を知っているでしょうか。場内でちらほら聞こえた声は「小保方」「小保方」で企画者がやや不憫でありました。

 池袋に戻って西口、東京芸術劇場シアターイーストにて三谷幸喜の舞台『不信』。段田安則・優香・栗原英雄戸田恵子、座席はF列17番。F列は、中央横長舞台を挟んで両側にある客席の、最も舞台に近い所謂「最前」です。勿論、目当ては30年来ファンである戸田恵子さん。釘付けで堪能致しました。あと、随分前の映画『輪廻』を観たときにも思いましたが、優香は気色の悪い人物を演じて映えますね。ただ、脚本自体は飛び抜けて面白い物だとは思えませんでした。

 ホテルに戻って大浴場湯浴み、ジュンク堂に移動して幾つかの本を買って喫茶読書(チケットがあるのでコーヒーは無料)。ホテルに荷物を置いた後、池袋→東京。
 東京駅は構内を歩いたことはありますが、地上に出たことはありません。ステーションホテルに向かう途中で一度地上に出てみたのですが、駅舎も見事ならその周りに建ち並ぶ高層ビルにも圧倒され。この後お会いするTくんに、国語教員のくせに「ここ、メガロポリスじゃないですか」とか阿呆なことを口走ることになります。

 さて、ステーションホテルの地下、55回生Tくん(みずほ銀行でギャンブルみたいな仕事をやってる子)と店の前で待ち合わせ。店は焼き鳥、K市から上京してよりにもよってのチョイスですが(Tくんも実家はK市)、東京の高級な焼き鳥なるものがどれ程のもんか試してみようやないかい、と。
 先に店の前に到着した私、入口と向かい合う形で廊下に置かれているソファに座って待ちます。麻布十番が本店だという焼き鳥「瀬尾」、の入口店構えの高級感に早くもビビってジーパン後悔の36歳(後で合流のTくんは仕事上がりの背広でしょうし)、だったのですが、もの凄い美人が(多分トイレで)開けっ放しのまま外に出て行った入口が1分間開きっぱなしだったから、意外に大したお店じゃないのかもと態度が緩む。
 さて、やってきたTくんと2人で入店。19時予約のカウンター席(寿司屋方式で焼き鳥担当は2人)10席程度は私たちで丁度満席に。隣ではロマンスグレー英国紳士を日本人が接待してて会話はオールイングリッシュ、その横は業界人とさっきの美人、みたいな並びで東京感がお満載。先ずはおビールを瓶で……と渡されたメニューに書いている値段が900円とかで目眩がしそうになるけれども郷に入ってはの心得、で注文したら出て来たのが小瓶だった、ってどゆこっちゃねん!
 さて、焼き鳥8本(+α)コース6600円、飲み物(ビールの後は日本酒三昧)も合わせて2人で26000円を払って退店。

 私「ねぇ、我が儘言っていい? 二次会、池袋でやんない?」
 T「いいですよ。『韓二郎』でしょ?」
 私「さっきの店でレバーが『山うに』高級品だろ、みたいなこと言ってたじゃん。あんなのK市でも食えるっつーの。でも、『韓二郎』のレバーはK市では食えない」
 要するに、人間には「格」ってもんがあって(Tくんはともかく)私は東京ステーションホテルの焼き鳥コースのそれには値しないってことなのね。いずれその域を目指すべきなのかどうかは脇に置いといて、取りあえず池袋「韓二郎」で食べた1本200円のレバー串が最初の店で食った8本のどれよりも圧倒的に美味しかったことは間違いのない事実なのです。Tくんと二人でビールも進む。

 健康睡眠。