自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ

 5月半ばのリハビリステーション入所前後は、ほぼ全ての移動が要介護の車椅子、という所まで弱っておられた母君。全脳照射と使い始めた抗癌剤との副作用なので、前者の副作用が治まり、後者の薬に身体が慣れれば(そんなことがあるのかどうかは分かりませんが)、きっと心身快方に向かう筈……と思ってはいたんですが、中島みゆきさんも歌うように「願いと予感は間違えやすい」訳でして、もしもこのままの下り坂だったらという不安は常にありました。
 が。
 一昨日土曜日に母君から電話で「市内の自転車屋を紹介して欲しい」と言われた時には「勝った!」と思いましたね。生活にも慣れ、日課の散歩・買い物のペースも順調(車椅子は不要)、西鉄電車・バスも使いこなせるようになったとは伺っていましたが、自転車というところまで「欲」が出てきたんですから(自転車なら15分の私の「自宅」を定期訪問したいのでしょう。鍵はお渡ししています)。西鉄K駅近くの自転車屋「P」をご紹介したら、その日の内に注文に行かれたそうで、月曜日にはステーションに真新しい自転車が届けられるそうです。

 息子の方も、勝利
 5時に布団から起き出した段階で、体調違和感無し、眠気無し。一晩でマットと布団カバーは汗でグチョグチョになっていてこれはクリーニング行き。給料日直後ですが、母君に倣って今日はちょっと大きな買い物をすることに決めました。

 何はともあれ出勤6時半。授業準備・担任業務。本日は4限に高2現代文、放課後8限に高3理系漢文特講。
 その合間、お昼に2時間の年休を取り自宅往復、途中のディスカウントストアで、寝室用の空気清浄機を買いました。寝室に設置して電源を入れたら、湿度が70%の計測値。こりゃいかん(大汗もかくはずだわ)と、早速除湿モードにしてから学校に戻り、18時まで仕事。

 市内の餃子屋「T」で夕食(新作メニューの「よだれ鶏」が絶品)、後に帰宅して睡眠……の、寝室の余りの心地よさに驚きながらの入眠(湿度の低さと、多少の室温低下とによる体感の劇的変化!)。
 明日は職員の健康診断。週末週明けは大変でしたが、診断前に体調が回復したのが何よりでしたね。