同意同意 首がもげるほど同意

 2時前に起床、添削の続きを書斎~職員室で。20年間で間に合わなかったことが一度もないという記録を、たかだか学年閉鎖程度の理由で途切れさせるわけにはいかないというしょうもない意地で、職員室で全ての作業を完了させたのは8時28分、答案を高3フロアの返却BOXに入れた直後に8時半のチャイムが鳴りました。BOXへ小走りの廊下ですれ違った高3某くんがちぱちぱと小さく拍手してくれたのは、急いでいたのと眠過ぎたのとで反応こそできませんでしたが、嬉しかったです。

 その添削BOXに、私から高3へのメッセージを書いた付箋を貼り付けます。
 【2/16(金)15時より2/18(日)15時まで、旅行に出るため、添削堂、休業します。添削の間隙の観劇の感激のための大阪遠征、白石加代子中山優馬風間杜夫柴田理恵、原作も映画版も面白い『大誘拐』。店主拝】
 今朝の返却が間に合わなかったら自罰のためにチケットを破ろうかとも思っていましたが、何とか間に合ったのは神様が間隙の観劇の感激をお許し下さったのだろうと都合よく解釈することに。

 午前中2時間の年休をとって、行きつけの美容室「G」で髪を切ってもらいました。ワンオペ店長Kさんは私と同じ年、10年超のつき合いですが今日はとうとう己の老化の話で盛り上がり。
 K「池ノ都さん、何だか今日は白髪が多いですねぇ」
 私「ん~、昨日今日の仕事が異常にストレスフルだったから……って無理があるか。でも、同じ年の人の前で年とった~、ってなかなか言いづらいですよねぇ」
 K「いや、大丈夫、僕も実際年取りましたもん」
 私「あのさ、髪の毛の白髪ってのはちょっと脇においてさ、何かさ、鼻毛が白くなったりしてない?」
 K「分かる!!! 髪の毛以外の毛に出ますよね!!!」

 学校に戻って昼からは仕事、放課後には会議が1件。
 夜は、テスト会の最後を口実に、高3担当の後輩数学先生と焼鳥「J」のカウンターに並びました。

甘えてごらんなさいな 時間がないわ

 飲みながらの話の流れで63回生Tくんに何となく人集めを任せた、3/9(土)のプティ同窓会、聞けば何と学年の1割にあたる20人程度のメンバーが集まったそう。流石、超ベテラン体育先生(既にご退職)の人望。ですが担任4人を合わせて20人強となったらどこの店を押さえればいいのか……と考え始めた直後に気づく、二日市「月空」(63回生Mくんパパのお店)が縁もあるし安くて美味しいし福岡市とK市との中間だし、最高じゃん。
 ダメ元で電話をしたら、偶然にも(人気店なのに)座敷フロア(最大26人)の予約が1件も入っていないということだったので、その場でフロア貸し切りをお願いしました。「月空」には飲み放題込み3800円のコースがあるのですが、体育先生までお呼びしてその価格設定は失礼なので、5000円でお店任せのグレードアップコースを頼むことに。どうせ今月中にもう1回くらい行くでしょうから、詳しいご相談はその時に、と電話を切りました。

 さて、本日は今年度最後のテスト会です。なのですが、その始業前に嬉しいニュースが幾つか飛び込んできました。推薦入試の合格の発表があったのです。東大2人、東工大1人、山口大1人、九大1人、佐賀大1人。東工大には再受験の卒業生も別に1人。
 東大2人(理系)というのは良いですね。本人にとってもお目出度いし、私にとってはテスト会の受験者が2人減る(15分長く眠れる)のが嬉しい。お目出度う、有難う。
 私「……と思ったら、2人のうち1人がテスト会受けとるやないかい、真面目か!」
 数「真面目なのは良いことじゃないですか」

 後輩数学に生徒の真面目を愚痴るほど追い詰められた理由、それは北海道スキー研修から帰って来た後に広がったインフルエンザで高2が学年閉鎖になったことです(今朝、急遽の決定)。中1(4クラス、全クラス同一カリキュラム)と比較して高2(5クラス、文理別カリキュラム)の時間割は遥かに複雑なので、学年閉鎖に伴う時間割変更に関する作業(パズル・変更内容周知・非常勤連絡)がもの凄く多いんです。これが、テスト会添削の時間を奪った。
 前の2回は京大理系が解き終わった10時半を待ってすぐさま始められたのですが、今回は13時を過ぎても添削が始められず、量(はか)が全く儘なりません。結局、終業時刻の進捗状況はこれまでの20年間で最も低いパーセンテージに。

 添削道具を抱えて退勤、帰り道の途中にある近所の魚屋で売れ残っていた鰹のタタキを購入。本日は土鍋ご飯を炊く予定でしたが、とてもとてもそんな余裕はなく、時間短縮のために余り物の野菜を使った小鍋立てと、さっき購入した鰹のタタキとでサクッと飲んでから寝ることにしました。何があっても飲むのは飲みます。

Daba daba da むせるようなココナッツと

 三浦哲哉『自炊者になるための26週』読了、★★★。身体と金と身体とを仕事に(使えるだけ)使う、という国語科恩師先生の教えを実践している人間としては、この本に書いてある生き方は別の世界線のもので、真似をしようという気は一切起こりません(潤沢にお金を使って物を買いそろえ、確りと時間を使って料理に向き合い、魚屋肉屋酒屋と目利き人脈を時に引っ越ししてまで作り、等々)。遠くから憧れを以て眺める、くらいですね。実践部分以外では、原書の感覚としての嗅覚(味・風味)を哲学するというのは難しいことなんだなぁ、としみじみ。

 教務部長地理先生と某室に籠って1時間の会議、高3の添削。
 昼食は摂らないと言いながら、食べる日もちょいちょいあります。今日は、ペットボトルのお茶を買おうと売店に寄ったら、食堂の(日替わりアラカルトの)メニューが「タイ風レッドカレー」というものでして。そう言えば43年間の人生でタイカレーを一度も食べたことがないな、と思い当って、そのまま食券を購入しました。ら、これが、何というか積極的に美味しい。職員室に戻って、後輩数学先生と。
 私「ココナッツがきいてて、ちゃんと辛くて。凄く美味しいと思った……のが歯ぎしりするくらい口惜しい」
 数「食堂を舐め過ぎでしょう。でも、『台風レッドカレー』なんて名前だったら、皆が飛びついて直ぐ売り切れちゃいそうですね」
 私「今、僕を子ども扱いした?」

 食べたいものはいつだって、鍋。今日は野菜鍋(ポン酢)、〆に法蓮草・鶏肉のしゃぶしゃぶ。昨日仕込んだ大根ポン酢漬けも。塩分過多は承知ですが、私はポン酢の奴隷なので。
 757蔵目・鳥取「諏訪泉」(純米吟醸 満天星)。

熱いからだも 流行り病と同じでいつか冷めるの?

 金沢真之介『会社と私生活-オンとオフ-(1)』読了、★★★。

 中1のとあるクラスが16人(4割!)もインフルエンザに感染したということで、本日からの学年閉鎖が決定。時間割関連では大きな仕事はありませんでしたが、数人の非常勤の先生に閉鎖の連絡をしました。コロナがニュースから消えて以来、感染者数など気にすることはなくなりましたが(飲みに出ることの多い人間なので、未だにマスクは着用しています)、教務部の人間として毎朝の出欠連絡メールを確認している限りでは、F校内ではコロナよりもインフルエンザの罹患者数が圧倒的に多い模様です。
 本日、2~5限で高1漢文の授業。この学年でも、各クラス数人の出席停止が出ています。

 夜は自炊。大根のポン酢漬けを仕込んで、これは明日以降食べられるようになります。作り置きの豚汁、鮭味醂焼き、ミニトマト胡麻和え、きりざい。食べて洗って飲んでとしている内に調子に乗って、最後に「中本」のカップ麺(いつ買ったのか全く覚えていません)なんて作ってました。

もしや そこまでじゃないかも

 水木しげる『決定版ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎夜話(上・下)』読了、★★★★。『鬼太郎』原作シリーズの中では正直そんなに重視していない作品で、読むのは3度目だか4度目ですね。

 昨日は仕事をしなかったので、連休2日目の今日は朝イチで出勤して(警備員さんに職員室の解錠をお願いして)高3の添削、時間割、授業準備等々の仕事を夕方まで確りと。
 一度帰宅をして入浴、着替えて夜は二日市「月空」へ。いつもは必ず「和牛モモ肉タタキ風カルパッチョ」を最初に頼むのですが、今日は日替わりメニューにあった鰤鍋がどうしても気になったので、いきなり串から注文。串を6本、鰤鍋、鍋の〆のラーメン。日本酒には、「田酒」の貴醸酒なんて珍しいのがあったので1杯注文。

のんきだね のんきだね 縁は異なもの

 見つけた瞬間に「うおっ!」と叫ぶ。YouTubeというのは時に凄いのを出してきます。今日見つけたのは、私がF中に入学する直前(30年と少し前)に放送されたローカル番組(RKB)の『探検! 九州』で、サブタイトルは「F中学のすべて」というもの。1時間番組を15分ずつ4パートに分けた動画、1パート目だけでビールが2缶消えました。懐かしい旧校舎、先生方(一瞬だけ映った国語科恩師先生がお若い!)。当時を知る卒業生の私には、スマホの小さな画面から吹いてくる(気)風が感じられました。校歌の歌詞のもとになった漢詩を作られた開校当時の名物教師O先生がインタビューに応えておられる映像もあって貴重(当時、御年103歳!)。
 後で知ったのですが、同じくF校卒、TQCで私の3期先輩だったTさんの同級生の方がアップなさった映像なのだそうです。当時をご存じない数人の先生にも映像の存在をお伝えしましたが、ご覧になった方からは一様に「面白かった!」という反応が。

 『探検! 九州』を食い入るように観ていたら、LINE通知が邪魔をしてきて舌打ち、でしたが送ってきたのが63回生我らA組のメンバーだったので録画映像をストップ……
 ……したら、Mくん(銀行員)から写真付きの質問で、A組有志のスキー旅行で来ているホテル(留寿都)で「F高校御一行様」という掲示を見つけたんだけれどももしかして高2がスキー研修中だったりしますか? と。それは楽しい偶然。高2の担任団の中には63回生の副担任でいらした超ベテラン英語先生もおられるから、是非見つけてご挨拶をしたらどうか、と返信……
 ……した後に気づく。写真のA組メンバーは出席番号順に、Hくん・MSくん・MIくん(以上日本史勢)・Uくん・Nくん・Fくん(以上地理勢)の6人だったけど、確かFくんは高3文化祭のステージでダブルダッチ披露したんじゃなかったっけ。丁度、引率教員団の中に、Fくんにダブルダッチの指導をした体育先生がいらっしゃるから、2人を引き合わせておこうということで、体育先生にFくんの連絡先を送っておきました……
 ……ら、後で、卒業生6人を周囲に侍らせて女王様然とポーズをとった体育先生の写真が送られてきました。てっきり、ダブルダッチ以外では63回生との接点はないものと思っていた先生でしたが、実際には野球部の手伝いでMIくんを知っていたり、Uくん・Nくんとはバスケットをして遊んだことがあったりと、何だかんだで全員顔と名前とを憶えておられたそう。体育科のコミュ力、やべぇな。
 因みに、体育先生は高1担任団、なのにどうして高2の引率をしているのか。答えは簡単で、来年度の高2スキー研修担当者として下見・計画を兼ねてというのが理由。パートナーであるところの同窓同僚数学は、お小さいお嬢様お二人を抱えて「何で彼女が選ばれるんだ」と愚痴ってて、まぁ確かにお大変ですねぇとは思うんですが、今回は申し訳ない、選ばれたのはこの写真を撮るためだったのだということで一つ。

 さて、連休初日は学校に行かず仕事もせず、ゆったりのんびりと宅飲みの愉快。箸置きは舞台『千と千尋』のグッズ、ビールグラスは有田焼、ミニトマト胡麻和えの器は田原崇雄さん(推し)作。
 読んでいる本はKKベストセラーズの新刊で、森博嗣『静かに生きて考える』。書店で平積みになっているのを見てちょっと吃驚しました。引退状態の森氏が、まさか17年の『道なき未知』の続編を書いてくれるとは想像していなかったからです。『道なき未知』は森エッセイの至高だと個人的には思っていて、67回生のB組担任をしていた当時学級文庫(筆者1人につき著作1作)に入れていました。半引退且つ「柵」嫌いの森氏が「そのときお世話になった」(p17)からと執筆を受諾なさった、ということがじんわりと嬉しく。
 756蔵目・兵庫「鳳鳴」(純米吟醸 直汲み 無濾過生原酒)。

バーテンさえも 何故か、少しメランコリー

 土曜半ドンは添削・時間割業務であっという間に終了、14時に職員室を出て、歩いて20分強の血痰ネーミングショッピングモール「You meタウン」で書籍を数冊。「タワレコ」では収穫無し。帰宅は15時半で、2度目の入浴後に歩いて西鉄に出て、喫茶店で時間を潰してから目的の店へ独歩。

 広告ほぼ皆無のおでん割烹(カウンター7席)の噂を耳になさった事務嬢さんが早速お友だちと2人で訪問して、「何だか良さげだった」という薄ぼんやりした感想を話して下さった(飲んで飲んで細部を忘れたのかな)のが何だか気になったので、今夜早速出かけてみることに。お昼に予約の電話を入れたら1席なら空いていると言われてラッキーでした。
 二番街近くにある割烹「I」はおでん・串カツが推しメニュー。雑居ビル1階の奥まった場所に入り口があり、通りには看板の類を出していないので、確かに知る人ぞになる訳です。L字型の木板カウンター、店内は清潔で照明も明るいのですが、店内の設え・物の配置・流れている音楽、等々から店主さんが元バーテンさんだということは直ぐに知れます。お通しは小さな茶碗蒸し、スプーンが入っていた細長い湯のみはその後串カツの串入れになります。シャレトンシャー。1品目に燻製ポテサラ、串カツは鶉卵・子持ち昆布・天使の海老、その後にお任せでおでん(大根・厚揚げ・糸コン)。ビール(錫のグラスでした)と日本酒とを。美意識の高そうなマスターは(お店は)人を選びそうで、「何だか良さげだった」という薄ぼんやりした感想はそのあたりを何となくぼやかしたのかな、など思いながら退店。
 小料理屋「U」で軽く飲み直してから帰宅。

いつか眠い目をさまし こんな朝が来てたら

 未明に起床、テスト会の添削を朝まで(途中、書斎から職員室へ仕事場を移して)。8時過ぎに高3フロアの添削BOXに答案を返却。始業後は自由提出の添削、それに時間割の仕事をずっと。添削の中に、現代文だけではなくて漢文も入り始めました。数学科や英語科もそうですが、直接の授業担当者ではない先生に飛び込みで添削を頼む受験生は少なくなく、各科が(職員室が)一丸で高3の面倒を見るという文化は進学校の強みかも知れませんね。

 夜は自炊。カジキマグロのサク・カニカマをサイコロに切ってコチュジャンソースで(白髪ねぎ・カイワレと一緒に)和えたらアホみたいにビールが進みます。先日の味噌鍋・豚しゃぶ鍋の出汁は2つを混ぜて保存してあったので、今日はそれで煮込みうどんを。これは日本酒泥棒。最後にイカ納豆。今日は味見だけしかしませんでしたが3~4食分の豚汁を作って、冷凍保存用の土鍋御飯も炊きました。
 755蔵目・兵庫「白鷺の城」(純米吟醸)。

おもたーいな よいこらしょ 大丈夫かな

 7時前というかなり遅めの起床、でも宿酔いではなかったので勝ちということにしておきます。
 お風呂にお湯を溜めている間に、母君へのお供えを準備したり、書斎でちょっとした仕事をしたり。メールをチェックしたら、4/17(水)の折坂悠太のチケット当選の知らせが届いており、朝から2連勝です。

 本日は2度目のテスト会。京大理系が10時半、東大理系が10時40分、東大文系が11時30分、と時間差で届きますので、10時半から某室に引きこもって夕方までひたすら添削を。
 手と目とを働かせて夜の自炊をする気力がなくなったので、久しぶりに「もりき」に行ってマスターとお話でも……と思ったら、店休日でもないのに18時のシャッターが閉じており、マスターのスマホに電話をかけてみたら、何と胃潰瘍で入院中だとのこと(常備薬の副作用なのだとか)。お見舞いを言って電話を切りましたが、心配。心配ですけれども疾っ疾と飲んで寝て起きて働かないといけませんので、近くの肉料理「I」に移動してもつ鍋を食べました。

今でも 眠ろうとする耳の中 刺さってくるのは

 津村記久子『水車小屋のネネ』読了、★★★★★。素晴らしかった。初津村記久子でしたが、近く別の作品も手に取ります。

 授業無し、添削・時間割業務他の机仕事を終日。
 夜は、今年に入ってなぜか頻繁に飲んでいる(今日が3回目)63回生Sくんと。先日、我らA組某くんの結婚式にご祝儀とプレゼントとを持って行ってもらったのですが、その式・披露宴の思い出話を聞かせてもらいました。店は「小料理屋」がご希望だったので、文化街近くの(若干高級な)小料理屋「S」と、西鉄近くの(ざっかけない)小料理屋「U」(←勿論、常連の私はこっちを推しています)とを梯子しました。
 前回Sくんと「もりき」で飲んだ時に鴨料理が有名だよ、と教えたら、先日お父様・お兄様と連れ立って訪問なさったとのこと。ただ、Sくんは人生で初めての鴨料理だったそうで、美味しかったけれど比較の尺度がないからあれがグランプリ予選の1組目だと仰る。そら、2組目以降のハードルが高すぎるわ。
 Sくん(のお父様)から、新潟「久保田」(萬壽)の一升瓶をお土産に頂戴しました。医者、凄ぇな。

 さて、2軒3時間のさし飲みの後、「U」の店頭でSくんと別れ(彼は職場の先輩に呼び出されてまだ飲むそう)、西鉄経由で帰るつもりで歩き出し、3軒隣の本店居酒屋「U」の入り口を何気なく覗いたのが運の尽きでした……とはっきり言えば事務嬢さんに叱られるかも知れませんが、だって、入り口ドアのガラス越しに目が合わなかったら私きっと真っ直ぐ帰ってましたもん。ぶるんぶるん手を振る事務嬢さんに誘われ、気づけば平日夜に3軒目です。
 一応、2年間は担任も務めた生徒を前に派手に酔っぱらう訳にはいかないと抑え気味だったのを全部おじゃんにする3軒目どちゃんぽん、ビール・日本酒・芋焼酎で2軒を終えた私を3軒目で出迎えてくれたのはボトルの白ワインでした。職場の噂話・愚痴をスパークさせながら、他の客が全て帰り、バイトさんが同じカウンターで賄いを食べ始め、店長さん(事務嬢さんとツーカー)が店の跡片付けに入っても、トークも酒もどこまでも進む。

 日付が変わる直前にタクシーで帰宅。取り敢えず、「萬壽」は忘れもせず割りもせずに持って帰りました。これだけで今夜は勝ち。
 問題は、明日の朝に宿酔いになっていないかどうかです。何しろ、明日は2回目のテスト会なんですから。