楽しいバス旅行

 予報通りの天晴れで高校クラスマッチは決行結構、今年度の私は上京不可にキレ散らかしてる不良教員なので年休は権利だと中年の主張、一週間前の宮崎に続いてぶらり独り旅の行く先は北九州市、3歳から12歳を過ごした都市(F校進学後の私の在所は事実上、K市~東京~K市)を軽い里帰り気分で散策します。時間はたくさんあるので8時台に出発のJR鈍行でK駅~小倉駅は2時間超、車内では窓際の席で珈琲を飲んだり車窓を眺めたり本を読んだり。通勤ラッシュとはズレていますが流石に博多~小倉間は座れない乗客も多い混雑、しかし声を出す人は皆無で何メートルかは離れた大学生(?)のイヤホンからの小さな音漏れすら聞こえるレベル。

 10時45分に小倉駅着、脇目も振らず早足で平和通りまで直行したら11時開店の8分前に一番乗り、昼食は名店「田舎庵」の鰻です。ここは外食嫌いの母君も例外的に好んだ店でした。一番乗りの私は1階席一番奥、ガラス越しに中庭が見える特等のテーブル、4人掛けを独り占めです。注文はうざく・天然鰻のせいろ蒸し、「日本酒チャレンジ」で大分「西の関」(純米)を1合。
 うざくをつまみに冷酒をチビチビとやっていると、開店10分後には1階席のテーブルは全部埋まりました。出張会社員の「孤独のグルメ」、人生のベテラン夫婦が2組、如何にも業界人という先輩後輩コンビは私の隣の席で日本酒をチラ見してちょっと羨ましそうなのが申し訳無い。でも、如何にも「日本酒!」な「西の関」はちょっと口に合わず、折角の観光で昼から酔っ払う気持ちは無かったので、頑張って6~7尺口にして後は残してしまいました。皮パリ中フワの鰻はかかっているタレが(K市と比べればかなり)あっさりなので、セイロぎっしりの御飯も無理せず完食できます。肝吸いも美味、お新香は普通。

 最初の観光はリバーウォーク14階にある「ZENRIN MUSEUM」、小倉在住のベテラン数学先生からオススメされました。今年の6月にオープンしたばかりの博物館で、入館料は確り1000円の強気、ですが展示内容充実・パンフレット豪華、しかも今はコロナ禍で不可なのですが本来なら常駐スタッフが展示について解説をしてくれるんだそう。写真撮影は不可ですが、床に原寸大で再現された「大日本沿海輿地全図」、及び14階からの景観だけはOKでした。小倉城や図書館が見渡せます(私の通った西小倉小学校や住んでいた金田団地のある方向です、って言って通じる人は多くないでしょうが)。映画『図書館戦争』でも使われた緑屋根は磯崎新の代表作の一つと言えるのでしょうか、小学生時代は足繁く通って色々な本や紙芝居(!)を借りたものです。
 私の入館と入れ替わりで出て行った3人組は居ましたが、私の滞在中は客は私だけ。附設の喫茶店の無料チケットをもらったので帰りにアイスコーヒーを飲みました。店員さんに伺えば、今日は午後に団体の予約が入る(社会見学だそうです)など、客足は徐々に上向いてきているとのこと。小倉までの電車の車窓から「ZENRIN」の自社ビルが見えましたが、以前はここに会社が入っていたそうで、移転に伴いオープンしたのがこの博物館だということでした。サービスチケットをもらったので、最後には1階にあるミュージアムショップで少し買い物も。

 リバーウォークから市バス、小学校時代の同級生の実家のお寺だとか、小6の春休みに『金田一少年の事件簿』の第「Ⅰ」巻を買った「中尾書店」(中尾ミエの出自に関係のある書店だと聞いたことがあるような)だとか、小学校時代には御馳走の代名詞だった到津三叉路「Volks」だとかを通り過ぎて、30年ぶりに訪れたのは「到津の森公園」(嘗ては「到津遊園地」の名だったような記憶)。動物園ではなく自然公園というコンセプト、平日ですが小さな子どもを連れた家族や(多分)大学生のカップルがいっぱい。危なくない動物については触れるほど近くに寄れますし、これは30年前と同じでヤギにエサ(キャベツ)をやることも出来ました(昔から、やつら、めちゃめちゃ貪欲なんです)。様変わりの園内でしたが、ヤギの臭いは少しだけ「懐かしい」を喚起させてくれたような気がしたり。

 今回の旅行の主目的は、到津からタクシーで10分程の山の上にある北九州市立美術館、初訪問です。双眼鏡型のユニークな建築は小倉の図書館と同じく磯崎新作で、入口のデジャブ感の理由を(Wikipediaで)調べたら、ここも映画『図書館戦争』で使われてたんですね。目的は特別展の「GIGA MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」、水木チルドレンならマストの素晴らしい展示。年末年始の東京会場開催は訪問が出来るか甚だ怪しいので今の内に是非観たかったのです。

 美術館から七条まで市バス3分、ここで乗り換えて黒崎へ向かうのですが、これが八幡高校(かな)の生徒下校と完全に被ってしまってバス停は大行列。目の前に並んだ女子3人組の1人がやたら元気で、「いやそれは授業中寝るというのは私が悪いよ反省してるのよ本当にでも私が寝るような授業をしている××先生にも少しは悪いところがあると思うのよそれを一方的に私が悪いって叱るってのはどうかと思うわけよっつかあのバス××乗ってんじゃん××せんせ~! バカヤロ~!」とマスク越しでも判る満面の笑顔でバスのガラス向こうに両手を振りたくってたのは大変感じが良かったです。

 黒崎駅ビル隣接のホテルにチェックインして大浴場で入浴、部屋に戻ったら17時40分で時間調整は完璧です。着替えてホテルから徒歩10分、黒崎一の人気(と言って良いと思います)割烹「O・M」へ。初訪問のここで、何というか色々と勉強させて頂きまして。
 そりゃね、こちらの方ときたら最初の一皿(白味噌に栃餅)を見て大将(←同じ年くらい)に「もしかして『ミスター味っ子』ファンですか?」と訊きそうになったレベルのダボですよ、ミシュランお一つ星の料理群にはただただ目と舌とが眩むばかりでなんらの文句も無いです。でもですね、あちらにだって2万円のコース・700円のビール1杯・5000円の日本酒ペアリング(税別サ込)で最後の会計が37000円になる道理は無いと思うんですよ(実は「サ別」だったとしても計算は合わないですよねぇ)。今日の日本酒ペアリングが如何に素晴らしいかを2時間ずっと力説されましたけれど、それがどんなにプレミアだろうが原価馬鹿高値だろうが、メニューに書いてある以上の値段取ったら(或いはこっちの承諾無しに勝手に追加注文取ってたら)押し売りなんじゃないかなぁ。というか、今回のペアリング、所詮「黒龍」一蔵が高い順から勢揃いしたってだけでしたもんね。普通じゃ買えないお酒だというのは解りますし、蔵の社長さんとの個人的人脈作り等々は乙かも知れないけれど、言ってみれば今日の趣向は単なるコンプ厨、客に色んな酒蔵紹介するより自分がやってみたかった遊びを優先しただけって感じ。先月は「而今」祭りだったとか聞きましたけど、それ、面白いのかなぁ。
 とまぁ、「日本酒チャレンジ」とか言ってるスーパーコンプ厨の脳天に特大のブーメランが刺さってますけど。「黒龍」は当然「チャレンジ」完了の蔵。念のため、昼の「田舎庵」で未踏破の「西の関」を注文してて良かったです(お陰で「チャレンジ」は継続)。
 というか、もしかしたら私がフィンガーボウルの水をチェイサーと間違えたみたいな地雷踏んで暗に出禁食らっただけなのかも知れませんけど(大将、最後は店の外まで見送りでとても感じが良かったんです)。それとも、高級店では当たり前の暗黙の会計ルールを素人が知らないだけなのかしら。
 最初から37000円だって聞いてたら全く問題ない味と雰囲気とでした。払ったお金に不満があるわけではなくて、ただ腑に落ちないだけなんです。

 というわけで、11/05は黒崎の夜で「自粛御膳」をお休み、割烹「O・M」の後はバー「クラスター」で軽く飲み直し。時節柄アレな店名ではありますけれど、素晴らしい空間でした。雑居ビル2階、スナック居抜きで11年目(カウンター6席と、低めのテーブルのソファー席が幾つかと)、極力灯りを落とした店内に小さめの音量でジャズ。カウンター越しで(恐らく私より)お若いマスターの隙無しの所作に見惚れつつ、豊水のカクテルとモヒート(ミントは千葉産)とを注文。飲み終わったモヒートはチェイサー(ミントウォーター)にしてもらえ、最後はアイリッシュウィスキーを。チャームが無いので最初にスモークチーズを注文、ドリンク3杯と合わせて4000円。
 1軒目の「O・M」では釜炊き御飯の余りをお結びにしてお持ち帰りというのが恒例(翌朝食べたらこれがまた旨かったんですわ)なんですが、最初に着席して店の名前が小さく入った紙袋を床に置こうとしたら、マスターが「食べ物ですから、どうか隣の椅子に置かれて下さい」と一言。それが台詞も声質もタイミングも目線まで完璧なのに唖然……で、そのまま唖然とした状態で1時間強を過ごしちゃいました。格好えぇ~。

 ホテルに戻って健康睡眠。

お料理もガンバルから Partyには行きたい

 本日は行事の都合等色々絡み合った結果授業無し、明日は高校クラスマッチ、明後日・明明後日は高2が外部模試受験なので、結局今週いっぱい高2現代文は授業無しということになります。
 それで、明日のクラスマッチと明後日の午前中とを年休にして、1泊2日の北九州旅行を決行する訳ですよ。勿論、明日は100%晴れ、クラスマッチの雨天延期などありません……よね。っつか少々の雨ならやるよね? やらないとか言ったら私が授業をしないといけなくなって旅行の予定が全部吹っ飛ぶのよ。

 というわけで、クラスマッチが雨天延期になった場合の高1・高2の授業時間割を組みました。どちらの学年も5時間。ですので5人の教員が順繰りに5クラスを回れば解決します。但し、2学年の学年団には他の学年の授業を持っておられる先生も多いので、5時間連続で授業を走ることの出来る人員は限られています。例えば、高2はどうしても私が授業に入らないわけに行かない(だから雨天延期になったら困るのよ)。
 そこで、時間割特権でちょっとした悪戯。高1の授業を、数学・現代文・英語・英語・保健体育、の5人で作成しました。高1保健体育を担当なさっているのは高2学年主任サッカー先生……ということで、先生に圧力。
 私「明日、苟も仮に万が一もしかしてクラスマッチが雨天延期になりましたら、高1の保健体育、授業がありますんで宜しく」
 サ「……雨でも、クラスマッチ、やります」
 私「宜しく」
 完璧。

 朝からデスクワーク三昧(っつったって、その中にはインチキみたいな雨天時間割作成が含まれてるから「三昧」も安っぽく響きますね。因みに、インチキ時間割作成は3分で終わりました)、13時から4時間の年休を取りました。昨日買い込んだ食材とは別に、急遽決まったHさんちのホムパにお持ちする料理用の食材を買うために、学校近くのスーパーマーケット経由で帰宅。入浴後の14時から、お料理に取りかかりました。

 ①パリパリピーマン……切って氷水と一緒にタッパーに入れるだけ。Hさんちの作り置き肉味噌で食べます。
 ②刺身コチュジャン和え……烏賊は素麺、鮪・サーモンは柵で買って2cm角程度に小さく。白髪ネギとカイワレとを刻んで刺身と一緒に和えるだけ。コチュジャンソースは、コチュジャン3に対して刺身醤油・胡麻油・酢をそれぞれ1ずつ。最後に白ごまをたっぷり。
 ③帆立・ブロッコリー・シメジの大葉ソース炒め……具材をオリーブオイルと塩胡椒とで炒めたら、最後に事務嬢さんから旅行土産に頂いた大葉ソースで和えるだけ。
 ④だし巻き卵……卵3個で。味付けはお出汁と塩少々とだけ。
 ⑤蟹味噌……小皿に大葉とスライスした胡瓜とを並べておくだけ。味噌は瓶をHさん家に持っていき、台所で盛り付けます。
 ⑥野菜浅漬け……冷蔵庫の中の野菜を何でもいいからとにかく適当に刻んでジップロックの袋に入れ、水・白出汁・胡麻油・お酢で作った浅漬けの「素」と刻んだ鷹の爪とを加えて冷蔵庫で3~4時間。今日のお野菜は胡瓜・山芋・茄子・白菜・ミニトマト・大葉。ミニトマトは刻まずに丸のまま、「素」が沁みるように十文字に切り込みを入れます。

 2~3品のつもりがちょっと作り過ぎましたね。作り方の中にやたら「だけ」という助詞が登場する手抜き献立なのに、洗い物まで合わせたら何だかんだで90分もかかってしまいました。これを毎食やるってどういう感覚なんでしょう。因みに、Hさんの方は肉野菜炒め・エビマヨ・カレーライスを準備して下さっているということ。うん、食べ過ぎだ。

 11/4の「自粛御膳」お呼ばれ編@Hさんち、メニューは前述の通り。
 石川「獅子の里」(鮮 純米吟醸 生酒 微発泡性)、新潟「久保田」(萬壽)。乾杯は「獅子の里」の微発泡をシャンパングラスで。そして、250蔵目にして漸く開けた「久保田」は何と萬寿を燗つけにするという罰当たりなことを。そして、繰り返しますけど、食べ過ぎだ。Hさんは最初、「折角のお刺身をコチュジャンだなんてまあ邪道な!」と仰ってましたけど、もりもり召し上がっておられました。

書物と人物

 2時に目が覚めて眠れず、諦めて2時半入浴、3時から書斎でデスクワーク(時間割・国語科主任業務・校内模試)、7時から日記更新を1時間。8時から2時間程読書をして、その後12時まで再びデスクワーク。
 南中の時刻には、今日の文化的なノルマは全て果たしてしまいました。起きてから10時間、もしも7時起きだとしたら17時ということですから体感としてはちょっと早めの夕餉時って感じです。

 と言うわけで、13時にK市昼飲み御用達の老舗居酒屋「S」に入店(体感は夕食)。湯豆腐に炙り〆鯖、〆は鍋焼きうどん。ここは中瓶1本380円の価格帯の庶民派酒場で、昼時のカウンターなんて私以外全員年金生活という人生のベテランばかりなんですけれども、やれ「而今」だ「飛露喜」だと日本酒の揃えがやたら充実してるんですね(伺えば社長さんの趣味だということ)。今日も未踏破の蔵のお酒が置いてありまして。
 秋田「ゆきの美人」(純米吟醸)。

 西鉄K駅構内のスーパーで食材を買い込んでからタクシーで帰宅。2時間ほど仮眠してから入浴、書斎で2時間程デスクワークをしたところでお呼び出しがあり、夜は「もりき」カウンターにHさんと並びました。
 土瓶蒸しを食べた後で、燻製盛り合わせをHさんとシェア。マスター曰く、11/15に解禁の鴨猟はコロナ禍をものともせずで、20日辺りからコースの予約を入れられるということです。
 Hさんとは明日もご一緒のお約束。Hさんちにお呼ばれ御膳ですね。いつもいつも料理お任せでは申し訳ないので、明日は2~3品料理を作って持っていくことにします。

 臼井儀人&UYスタジオ『新クレヨンしんちゃん(10)』読了、★★★。
 岩井勇気『僕の人生には事件が起きない』読了、★★★。面白くないことはないんですけれども。オードリー若林と比べるものではないと解っているつもりではあるんですけれども。

甘露に痺れてああ恍惚と

 本日は飛び石連休の間となる出勤日ですが私は不良教員なので午前中を年休にして、デスクワークは書斎にて行いました。授業や模試や時間割や入試に関わる資料を色々と作成、4時間。近所の中華「H」で紅麻辣麺を食べてから出勤。13時から17時過ぎまでデスクワークを職員室の机にて。やってることは午前中の書斎と全く同じですから、午前中は「リモート」だったと言って良いのでしょうか。

 11/2は「自粛御膳」お呼ばれ編@Hさん家、久しぶりなので、ついに取って置きの日本酒をお持ちすることにして秋田「花邑」(純米吟醸 雄町)の一升瓶、味は久しぶりの★★★★★、甘露好きにはたまりません(Hさんも絶賛)。
 Hさん家の時はデブ活覚悟、今日はカレーライス・グラタン・塩鯖・野菜炒め・菠薐草お浸し。私は21時にお暇しましたが、その後同じく「もりき」常連のFさん(ご夫婦で公立の教員)がカレーを食べに来るということ(驚きの21時半仕事上がり!)。Fさんご夫妻も日本酒が大好き(だから「もりき」常連)なので、「花邑」をお裾分けして下さいとお願いしてから帰宅。
 Hさんとは明後日もお呼ばれ御膳をお約束。明後日は私も幾つか料理をお持ちすることにしましょう(←生意気)。

 池辺葵『ブランチライン(1)』読了、★★★★。これはそのまま関西数学先生にお貸しします。

日曜日 歩いても歩いても

 昨日の2次会の洋風居酒屋「L」は、酔っ払いを殺しにかかってるとしか思えないほど階段が急な雑居ビルの2・3階にあって、ここを選べば変に飲み過ぎないよう自分を律することが出来るだろうという思惑でした。で、実際「踏み外死」みたいなことにはならずにちゃんと帰れはしたんですが、23時の帰宅直後(具体的には、上着を脱いでクローゼットのハンガーに掛けたところ)で記憶がぶっつりと途切れてまして。
 起きたら8時、久しぶりに9時間も寝てしまいました。スッキリ! はしましたけれど9時間てどういうこっちゃ……と昨夜を思い返してみたところビールに焼酎に日本酒にワインにとどちゃんぽんだったんですね。1軒目と2軒目とで(和洋中レベルで)コンセプトの違う店を選ぶとこのリスクがあります。

 入浴、母君のお供え、書斎でデスクワーク。10時40分に家を出てウォーキング15分、目的地は初訪問のラーメン屋。
 昼食デブ活、ラーメン「G」でラーメンと替玉と。小郡の人気店、8月8日に支店がOPENした時は行列渋滞で警察が出動したほど……の味だったかと問われれば躊躇わずNOですが、「一蘭」の2/3の値段でそれ系の味が体験出来るのは悪くないことかと。今日も11時の開店時には40人の行列でした(5分前に着いたお陰で1巡目に入店出来ました)。

 「G」から更にウォーキング90分。途中、100円ショップの「ダイソー」でグラタン皿やお風呂の座椅子や様々な物を買い込みました。お風呂用の椅子は、母君がお使いになっていた介護椅子を置きっぱなしにしていたのですが、流石に場所を取るし私が使い続けるのもアレだしということで撤去です。大汗をかいたので序でに2度目の入浴。

 20分歩いて学校へ、デスクワークをしている途中で、今夜飲みに行く約束をしている67回生文化委員長MくんからLINEで連絡、当日になって37.5℃の熱発だそうでドタキャンです。
 私は熱を出すなら仕事の無い日と決めていて仕事中に熱が出たのは就職以来1回だけ、7年前に63回生高3を担当していた時の4月末だったのですがその時も39.5℃で授業は出来たので自分だったら「37.5℃なら起きて風呂掃除でもしてから参加しようかなぁ」という感じなのですが、他者に同じことを求めることはしません。というか、コロナ禍ですし。
 因みに、Mくんは真面目だから熱発ドタキャンが相当ショックだった様子でメチャメチャ自分を責めて私に謝り倒して、という感じでしたので、取り敢えず「医学部2年生なんだから、病気になることは謝ることじゃないって分かるでしょ」とツンデレ気味に慰めときました。

 11/01も「自粛御膳」をお休み(5日目)、試験場前のイタリアン「W」で67回生我らB組KHくん・KNくんと飲み会。2人は「男く祭」の副実行委員長(だから、本来なら実行委員の代表3人が揃うはず)でした。イタリアンビールと赤ワインとを飲みながら、九医2年の2人に最近の大学生活の話など伺って楽しく。九大では(あ、「医学部では」なのかな、聞き忘れたので委細不明)、11月からサークル活動などが徐々に解禁されるそう。特に1年生にとっては待ちに待った醍醐味満喫、目出度い話です。

 二次会はタクシーを走らせて「もりき」へ。とある理由でマスターにお見舞い(袖の下?)を持って行こうと思い立ち、自宅経由で(袖の下を準備してから)入店。「東一」の4合瓶2本は店へ、「磯自慢」(大吟醸)は持ち込みで(私が「日本酒チャレンジ」で一口飲んでから)殆どをマスターや来店なさってたHさんに振る舞い。
 ここで、年明けの67回生成人式への担任コメントを収録。他の先生方は先日学校で収録したのですが、その時不在だったために私だけがど酔っぱ状態での収録と相成り。っつか、食事のお誘いって絶対「これ」目的でしょ〜? とウザ絡んだら、KHくんは在学中と同じようにクールな微苦笑を浮かべてました。
 静岡「磯自慢」(大吟醸)。

ただし、楽、必ずしも楽しからず。

 武田砂鉄『わかりやすさの罪』読了、★★★★。
 昔、現代文の質問に来た生徒に説明をしたら、それに対して(国語の教員に態々質問に来るほど真面目な生徒なのに)「それは、要するにどういうことですか?」という語彙を使って来たのにちょっと驚いたことがあります。質問文の中で「要するに」って使う? 質問には答えたんだから、続きを考える(即ち「要する」)のはそちらなのでは? と思ったんですけれどもこれは思った私が悪いんでしょうか。受験生には「無駄」と「面倒臭い」という語彙(というか構え)を棄てるように常々言うんですけれども、それも通じないんでしょうか。

 坂木司『アンと愛情』読了、★★★★。
 時にイラッとするほど自己評価が低い主人公ですが、それが極まった(周りへの無神経な依存や甘えになった)時にはきっちり叱られてました。ちょっと溜飲。スライディングってマウンティングの究極ですからね。

 1限が東大文系コース。過去問演習がついに2010年代の半ばに入りましたが、この辺は重量級の問題が続くので生徒も大変。普通なら8時55分に始まる1限を50分開始にしてもらい、授業の終わりも5分伸ばして、50分授業を60分にしてやっとギリギリ解説が間に合うくらいでしょうか。解くだけでも30分近くかかっていまいますからねぇ。添削をガシガシやってこれは半ドン後の帰りのSHRで返却。
 4限(高2現代文)は作文の監督なので楽。楽だということは、特段楽しくないということです。

 14時から保護者会ですが、なんちゃって副担任の私は受付と終了後の会場消毒(保護者が座った席とテーブルの拭き上げ)との補助だけが仕事で、前に出て話すのも、終了後に保護者から様々な相談を受けるのも基本的には学年主任及び組担任の先生方だけです。だから私は楽。楽だということは(以下略)。

 夕方からは教育実習生の64回生Tくんの慰労会(本日が2週間の実習の最終日)で、幹事は私。これはちょっと大事な仕事、Tくんは昨夜が洋食だったから今日は和食の店が良いだろうということで、温泉湯豆腐や煮物揚げ物など良いコースを手頃な値段で出してくれる居酒屋「S」にて飲み放題。と言うわけで10/31も「自粛御膳」は中止です(4日目)。私は、別料金を払って「日本酒チャレンジ」用の本醸造を1本注文、今日は新潟「根知男山」です。
 2次会の洋風居酒屋「L」も盛り上がり。今日も有志少人数でしたが、早く大勢でわあっと騒げる(公の飲み会が出来る)日が来て欲しいですねぇ。

ふりきることを尊びながら 旅を誘うまつりが聞こえる

 10/27付の「東京大学新聞」の1面トップ記事、構成した記者の名前が67回生文系Nくんのものでした。割と珍しい名前なので多分同姓同名ではないでしょうね。「取材される側」として記事に卒業生が登場することは年に数度ありますが(一応、毎号チェックしているのです)、「取材する側」というのは盲点でした。
 来週11/5(木)はクラスマッチなのですが、担任を持たない(時間割係兼高2副担任)私はお呼びでない人間なので、宮崎から帰ってきてなんですがまたまた終日年休を取ります。翌11/6(金)も午前中を年休にして、近場の宿泊旅行を計画。目的地は3歳から小学校卒業までを過ごした北九州市で所謂「故郷」ですね(母君が去られて以降もう「実家」はありませんが)。これは卒業生に依存しない完全な独り旅にするつもり。

 高2の授業4コマは「表現実習」と題して作文を書いて貰うもの。俳句から浮かんだ文章を、鑑賞文でも随想でも創作物語でも何でもオッケーにして。他の時間はずっとデスクワーク。

 10/30も「自粛御膳」をお休み(3日目)、洋風居酒屋「B」で64回生飲み会(教員3人・実習生2人)。私は高3の時に副担任をやっただけで縁は薄いですが、他の2人の教員はがっつり担任でいらっしゃいました。洋食屋の飲み会で日本酒が無い(あるはあるんですけれども全てチャレンジ済の蔵ばかりな)ので、「日本酒チャレンジ」は自宅を出発する前に1種味見で済ませておきました。余り美味しくなかったので名前は秘しますが、山梨の蔵です。
 宴会和気藹々、話題箝口令。

まけたらにげろ たべちゃうぞ たべちゃうぞ

 陽キャバレー部Fくん・ストイック系陸上部Kくん、拠点は違えど基本は外進高1A(私が担任でした)出身の真面目勢、その上医学部運動部ですから健康には拘って居られまして。彼らにとって、40歳の「朝抜き昼抜き夜飲む」生活10年など論の外で異口同音に「食べなさいよ」と。私、教え子には弱いので、今日は無理して三食頑張ってみることに。
 こぢんまりしたホテルバイキング、消毒した上からビニールの手袋をつけるという念の入りようですが、バイキングが許されているだけ進んでいるのかも知れません(今はまだビュッフェを中止しているホテルが多いのでは)。6つに仕切られたプレート、これが我が家にも欲しいんですけれども(我が家の最高は4連小鉢です)。冷奴・肉じゃが・卵焼き・チキン南蛮・塩鮭・納豆。他にサラダ・味噌汁・白米。南瓜を使ったカレーがあったので一口だけ。ドリンクは炭酸水。

 宮崎2日目。昼過ぎの高速バスまで午前中の観光。選んだエリアは「宮崎神宮」駅です。
 電車ではなく路線バスを利用することにしたのですが、橘町から平日早朝のバスは通勤通学のためのもので観光用に非ず、終点「宮崎神宮」で降車したのは私独りでした。7時半に到着、足を滑らせないように気を払いつつ写メを撮りながら、境内を暫く散歩します。曇天、空気清澄。広い広い境内に人気はなく、マスクも外して気分爽快。前々回・前回の宮崎旅行で訪問した青島も悪くなかったけれども、静謐厳粛の味わいはこちらの方がという身体感覚。
 8時に社務所が開く頃には来訪者が少しずつ。鳥居の前を通り過ぎる人が皆一度立ち止まり、遠く本殿の方へ頭を下げるのが尊かった。お詣りの後、70回生(高2)5クラス分の学業成就御守を購入しました。

 宮崎神宮エリアには徒歩圏内に博物館・美術館・図書館があり、今回の旅では博物館・美術館を訪れることにしています。博物館が9時開館、美術館が10時開館だったので流れるようなスケジュール。

 さて、「宮崎県総合博物館」に附設された「民家園」がいきなり面白く。
 県内4地区にある江戸期建築の民家4棟を昭和後期に移設しています(母屋だけでなく、厩に厠に石風呂まで)。外観を見て終わりではなく実際に屋内に上がれるのが良かった。用意されたスリッパは履かず、畳・木・筵・竹組みの感触を(靴下越しですが)足裏で直接感じられました。

 「宮崎県総合博物館」の特別展は「みやざきの神楽」、ずらり圧巻の神楽面は撮影禁止でしたが一つ一つの表情が記憶に焼き付きます。常設展示も民俗・歴史・自然とコンパクトに解りやすく纏められており、体験型の展示も多かったため、社会見学に来ていた小学生たちが楽しそうにはしゃいでました(小学生には怖かったのか興味が無かったのか、神楽の面は全スルーでしたけど)。全部が無料なのが申し訳ないくらい。

 「宮崎県立美術館」の特別展は「美の旅 西洋絵画400年 珠玉の東京富士美術館コレクション」。写真を撮ってよいのは3枚(ジャック=ルイ・ダヴィッド工房/ルネ・マグリットクロード・モネ)、他にもルノワール「赤い服の女」やミレー「鵞鳥番の少女」やマリー・ローランサン「二人の女」やシャガール「曲馬」や、と挙げればきりのない有名どころの油彩82点。
 特別展もよかったんですけれども、この美術館は自前の所蔵品も面白くて、ルオーのピエロの前では足が止まっちゃうし、ご当地出身の(恐らくそこまで有名ではない)久保田益央という画家の異界絵(大作)は私には水木翁の線、座り込んで見入って(これに20分を持っていかれて)しまいました。

 美術館徒歩5分の蕎麦「吟匠庵」はテーブル7席程度のキャパ、ど平日の昼に客が引きも切らない人気店です。オープン10分前に到着してぎりぎり1巡目に入店できましたが、直後から名前を記入して空席待ちをする人々がぞろぞろ。天麩羅せいろ(大盛り)1700円、美味しかったけれど列んだり特筆したりの程では、と失礼ながら。

 バスで西橘、歩いて宮崎駅まで戻る途中、昨日の「櫟屋」にもう一度。店長さんに「あら、昨日のお買い物に何か?」と聞かれ、「いえ、聞き忘れてたんですけれども、昨日の商品、食洗機は大丈夫ですか?」
 宮崎駅に到着した時点で、高速バス発車まで1時間。「もりき」マスターご一家、事務嬢さん、Hさんへのお土産を購入。1.5日の年休で軽くご迷惑をおかけした教務部長地理先生・70回生担任英語先生にも小さなお土産(お礼)を。自分用には、宮崎に2つだけある日本酒蔵の内「千徳酒造」の小瓶を購入、「恋のしずく」という名前に漂う大人の女感。
 11月に駅前に「アミュプラザ」がOPENする宮崎、橘町に「メガドンキ」もOPENする宮崎、街中をウーバーイーツの自転車が走りたくってる宮崎(宮医生2人がドヤってましたけど、ウーバーイーツくらいK市にもおるわい)、もう完全に(?)都会と言えましょう。

 帰りの高速バスでは1時間以上寝落ちしてしまいましたが、これは朝昼の食事を胃に収めた故のことだと。本を読もうと思ってたんですが。新幹線乗り継ぎで夕方前にK市へ。タクシーで自宅に戻って入浴、母君のお供えを取り替えたら18時、「もりき」開店時刻です。Hさんちでお土産を渡してから入店。

 10/30も「自粛御膳」は中止(2日目)、宮崎土産を渡しがてら居酒屋「もりき」で独酌。今日はいつ以来か忘れたくらい久しぶりに朝食・昼食を両方ともちゃんと摂ったのですが、案の定ここでは突き出しと刺身(太刀魚・鰹)とだけで胃がギブアップを出しました。お酒は「秋味」から日本酒、濁り酒を飲んで「旨い!」と目を開いたのは初めてのことじゃないかな、今日のは★★★★。
 宮城「天上夢幻」(濁酒 純米吟醸 無濾過)。

SUPER PHOENIX, FLY INTO THE FLASHING WORLD!

 中島みゆきの2枚組ベスト『ここにいるよ』、ユーミンの新譜と発売が丸被りなんですね。ユーミンオリコン週間1位の芽は消えたかなぁ(1970・80・90・00・10年代というアルバム週間1位獲得の年代記録を全アーティスト単独首位の「6」に伸ばすチャンスだったんですが、お預けになりそう)。
 でもって、みゆきさんの2枚組、それぞれが「エール盤/寄り添い盤」と名付けられています。これは、『紅白』出演の匂わせなんでしょうか。以前「麦の唄」での出演時は歌詞に「嵐吹く大地も 嵐吹く時代も」とのフレーズがあって匂わせ気味でしたけれども(って、穿ち過ぎですかね)。

 さて、高2は今日明日が外部模試で授業無し。そこで、本日午後及び明日、計1.5日の年休を取って宮崎までの平日小旅行を決行することにしました(1泊2日です)。

 3時起床、昨日の特講の答案を添削、入浴・母君のお供え。出勤時の格好はYシャツでなく黒のTシャツの上にジャケット、仕事舐めてんのかという話ですが授業無しで外部模試監督だけなんで許して。
 12時55分・模試監督終了、56分・答案3枚回収終了、57分・進路指導室に答案を届けてタクシー会社に電話(旅行鞄は進路指導室に置いておきました)、13時・タクシー乗車、15分・JRのK駅着、31分・新幹線発車、完璧。

 K駅から新幹線30分で新八代東横イン以外な〜んにも無い東口で高速バスに乗り換えたら2時間強で宮崎駅、九州中から「陸の孤島」呼ばわりされている目的地にしてはスムーズな移動なのではないかと。
 高速バス2時間というのは、小倉出身のF校寮生が昔を思い出す契機になります。私の学生時代(ざっくり四半世紀前)はまだ九州新幹線が走っていなかったので、K市〜小倉の往復は高速バスで片道2時間でした(小倉・下関が通勤通学圏内になっている今からしたら隔世の感ですね)。CD1枚には長く単行本1冊には短い「帯襷」の時間で、お菓子を食べたり外を眺めたり本を読んだり音楽を聴いたりゲームギア(←持ち込み禁止)で「ぷよぷよ」やったり、ちょこまかと色々遊ぶのが(特にK市から小倉への車内では)楽しかった記憶です(一応書いておくと、九州新幹線だけでなく、携帯やスマホやラップトップも無かった時代です)。
 夕方着の宮崎では、67回生から宮医に行ったKくん・Fくん(祝・20才!)と宮崎牛の焼き肉を。CDウォークマンゲームギアも知らない若い世代の、コロナ禍の大学生活についてお話を伺います。

 宮崎駅に降りたって先ず驚いたのは駅前に大型ビルが建って風景が様変わりしていたこと。「アミュプラザ」が11月にオープンだそうで、もう立派な都会なんじゃないでしょうか(いずれ、全国の地方都市が「都会」になるのかも知れませんね)。
 その宮崎駅から徒歩15分で西橘の宿に行く途中、「猫の足跡通り」とか「四季通り」とか呼ばれる大きな百貨店の裏通りを覗いたら、ちょっと惹かれる雑貨屋さんがあったのでふらり。東橘「櫟屋」は、小店ながら東京の作家さんたち手づからの食器がずらり並ぶ魅力的なスペースでした。9月に行った京都「今宵堂」と比べたら50%くらい高値だったかな、素敵なガラスの小皿と陶器の小鉢とがあったので衝動買い(中に入りそうな料理なんて作れないのに!)。この「櫟屋」には原宿「かまわぬ」から手拭い他が仕入れてあったので、手ぬぐい柄のシールセットを同窓数学・若手体育ご夫妻のご長女(2歳のベテラン、来月3歳)へのお土産に購入しました。数学に渡したら「お前は俺の家の壁をどうしたいんだ!」と怒られるかも知れませんが。

 ホテルにチェックインの後は常宿の「スーパーホテル」にイン。ここは経営がブラックだというニュースを聞いて以降使わないようにしていたのですが、つい間違えて予約をしてしまいました。大浴場は名付けて「たまゆらの湯」、川端康成ですね。風呂から出たら直ぐに着替えてホテルを出ます。県庁前の待ち合わせだったのですが、観光客の私は県庁の正門前に行き、宮崎住みの卒業生2人は「県庁前」の交差点信号に集まるというベタなすれ違いを経て「お久しぶり~」

 10/28から5日間は「自粛御膳」をお休み、今夜は宮崎内外で知られた焼肉「みょうが屋」へ67回生Kくん・Fくん(宮大医学部)と。
 5500円のコース。牛すじ大根〜タン・ハラミ〜赤身4種〜焼き野菜〜カルビ3種〜ホルモン4種〜ニンニク炒飯〜果物。宮崎牛は肉質確か、1人15枚でしたが、1枚ずつゆっくり焼いて食べたらお腹いっぱいになります。肉のお運びがとても早くて店側の客を回転させたい圧が凄かったですが(ど平日でしたが、40席弱のキャパは満席御礼)、無視して120分居座りました(我々の左右のテーブルはそれぞれ60分・90分でお会計をしていました)。
 飲み物はビール・ハイボール・焼酎(山ねこ)。バレー部ウェイ勢(←死語)飲み倒し(←レッテル貼り)のFくんとは3度目の席でしたが、陸上部ストイック組のKくんとは初めて。Kくん、アルコールは初めてではないものの普段は日本酒オンリーで、何とビールを飲むのが生まれて初めてだったそう。凄い瞬間に居合わせたような気がします。
 というか、Fくんは現役合格で2年生、Kくんは一浪合格の1年生。今年の1年生はコロナの影響で大学生活の満喫が未だ難しい状況、感染者数が0ベースになった宮崎でも医学部の配慮は念入りらしく、対面講義・部活サークルが解禁された今も飲み会の規制はあるそうです。要は、飲んで遊んでの機会そのものが未だ殆ど無いから、そういう席そのものに馴染まないってことですね。Kくん、初々しかったです。

 宮崎の夜の2軒目は日本酒バー「燗番ベース」。
 お酒担当・お料理担当の女性お二人がお店を運営、チャーム1000円(お通し4種・一口にごり酒)を見た時点で質の程は伺えます、ワクワク。店名通りの熱燗推し、私は熱燗半合、冷酒半合を注文でどちらも「日本酒チャレンジ」未踏破。日本酒派(?)のKくんには飲み比べ3種(各2尺ずつで2000円!)「十四代」「花邑」「而今」……ってわしゃ20歳に何を飲ませとんねん(お母様に自慢して下さいね)。Fくんの方は日本酒にはあんまり良い思い出がないらしくて焼酎を選択(日本酒を飲まない人にも優しいお店でした)。
 神奈川「丹澤山」(麗峰 純米酒 山田錦60 火入)、山形「俵雪」(純米吟醸生原酒 しぼりたて)。

 宮崎は昨年9月の初訪問が好印象で気づけば約1年の間にもう3度目(Fくんとは夜を皆勤です)。今回の訪問は、少し前に何故か私のスマホにこの「燗番ベース」がオープンしたという「ひなた宮崎経済新聞」のニュースが流れてきたのを読んだのが契機でした。果たして「思い立ったが」の諺は正鵠で、若者2人はともかくオッサンはとても楽しい夜を過ごせました。多謝。

 個人的に一番面白かったのは、長距離帰宅のKくんに代金を渡してタクシーに乗せた後、Fくんと2人で西橘の繁華街を散歩したこと。平日でしたが、K市の文化街が閑散としているのと比べたら随分盛り上がっていた印象です(コロナじゃなかったらもっと人が多いのかな)。でもって、医学部バレー部の飲み会の話なんか聞いたんですけれども、その中でFくんが「カラオケはコールが無いと歌えない」と発言したのがツボ。そういうの、パリピって呼ぶんでしたっけ。

殻を割り伝えたい 未完成が山積み ONE MORE BABY

 3時半起床、入浴後に書斎で昨日の高3漢文の答案を添削。6時半に学校入りしてから授業準備。本日は1限がテスト監督、4限が高2現代文、放課後の17時から高3東大理系漢文特講(この添削は未明の書斎で)。隙間の時間は、高3が任意提出をした大学過去問(東大・京大)の答案をひたすら添削。
 自分の授業・特講の答案に関しては翌(営業)日に必ず返しますが、任意提出の過去問に関しては数日間待って貰うことにしています。ただ、入試が近づくにつれて提出の枚数が増えてきましたので、(こういう喩えをするのは私の根が下品だからであって生徒の解答の質は高いんですけれども)未添削の答案が宿便みたく堆積しておりましてですね。それを、今日、湯茶を飲む時間も惜しんで(ちょっと誇張)全部終わらせました。

 未添削の借金を全額返済した理由、それは明日から1泊2日で突発的な宮崎旅行に行くから。心身とも綺麗な状態で宮崎に行きたいから。ノルマの全てが終わって、私の心は既に在処(あく)を離れ(かれ)てフェニックスの地に飛んでいます。
 肉体も、夜には心を追いかける準備に入りました。明日未明の特講添削、及び午前中の高2外部模試受験監督、「たったこれだけ」が終われば肉体の方も新幹線に飛び乗れます。

 10/27の「自粛御膳」。
 ブロッコリー帆立チーズ焼き・トマト胡瓜サラダ・山芋短冊・小鉢4種。明日からは5日間連続で外食なので、冷蔵庫内の食材を掃除しがてらの準備でした。
 新潟「高千代」(純米吟醸 雄町)。