ウンディーネの二枚舌

 本日は2回目の高3テスト会(東大・九大漢文が80枚弱)の日で授業は無し、出勤7時から午前中のテスト会が終了するまでは高3「ボラ添」を4時間強、テスト会終了後はその採点を一気に4時間。途中、卒業生某さんが職員室を訪問、医学部小論文について30分程お話。16時から時間割業務、17時前に職員室の全教員の机上に今年度中の時間割変更の予定を配布しました。17時から珈琲ブレイク、というか終業。

 高2図書委員が国語科恩師先生にお願いした館報への玉稿が届きました。筆で認められた私へのメッセージは、最早職員室にも完全に読める人は多くないかも知れません。玉稿は原稿用紙に鉛筆で「手づから」、今はなき季刊誌『銀花』が出した『"手"をめぐる四百字』を思い出します。玉稿は本の紹介で筆者はF高卒業生(大先輩)のもの(館報に載るまではここでは秘しておきます)。ただ、この「手づから」も、高校生には正確な判読が難しいかも知れません。図書委員長がタイピングをして、それを私が校正することになりました。

 2/13(土)に神戸へ移動し演劇鑑賞をする(神戸泊)のと繋げて、前日2/12(金)は小倉泊にして夕食を先輩数学先生とご一緒することに。お店は蕎麦の老舗でここは一度行きたいと思っていたところ、嬉しい。小倉は3歳から住んでいた所謂「実家」なのですが(母君がK市に転居なさったのを機に在所を払いました)、私は中学高校(K市)~大学(東京)~舎界人(K市)と移動しているので、小倉の飲み屋は全然知らないのです(母君は下戸でいらっしゃるのでお酒の席をご一緒したことは生涯一度もありません)。
 緊急事態宣言の県内を移動して一泊、そこから別の緊急事態宣言の県へ移動して一泊、どの口が「感染対策」だよと我ながら思います(今夜は今夜で飲み会ですし)。おかげで一切のストレス無く、熱発ゼロで1年間元気に仕事をこなせました(はい、直ぐ調子に乗る)。

 2/10は「自粛御膳」をお休み、居酒屋「D」にてHさん・息子氏と3人でカウンター横並び。
 晩酌セット1000円(ビール・刺身2点・おでん3点)の安さから判る良心的な店で、肉刺し・焼き物・揚げ物から果てはピザにソース焼きそばに鯖棒寿司にと喰らい尽くしました。明日もお呼ばれ編で蟹しゃぶです。
 コロナ前からお呼ばれの度に1000円ずつ積み立てていた貯金を放出、まだまだ余っているのでまたいずれ3人で、とお話。いつかゆっくり出来る一日があったら、懐石「G」のランチを提案してみようかな。

割り下じゃばじゃば入れるから

 早朝3時に目が覚めましたが、今日は未明の書斎で仕事をすることなく(書き物を少しだけ)、入浴前に風呂掃除をしたり、資源ゴミのゴミ出しや台所仕事など家事を色々。台所では、刺身(安売りの鰤・ビンナガの柵)をぶつ切りにしてカイワレ・白髪ネギとコチュジャンソースで和えた一品を。7時半に自宅を出てゆっくり徒歩通勤、今夜はHさん家でホムパなので、行きがけにHさん家に寄ってお刺身と500mlの缶ビール6本とを届けておきました。
 本日は授業が無く、一日中(9時から17時まで)時間割の仕事と高3の添削とをぶっ通し。

 2/9の「自粛御膳」お呼ばれ編@Hさん家。2月9日が「肉の日」なのかどうかは知りませんが、鶏肉じゃ何となく「肉!」という感じはしないかな(?)。
 鶏すき焼き・刺身コチュジャン和え・浅漬。
 刺身と浅漬と、及びビール6缶と日本酒とは私が持ち込み。すき焼きは「もりき」常連のEさんからHさんへの贈り物だという鶏肉(←高級なやつらしいんですけれどもちょっと硬かったです)を贅沢に使ったもので、すき焼きのような甘い鍋料理は流石に一人では食べる気にならないので口にするのは久しぶりのことです。年明けから(東京勤務を終え10年ぶりに)K市実家に戻って来た息子氏(私の7つ下、だったかな)と3人でだったのですが、この3人、明日は前々から約束の居酒屋「D」へ行き、明後日もお呼ばれ編で今度は蟹しゃぶを食べるんだとか。ビールを買い足しとかないといけません。
 自粛開始以降「お呼ばれ」編の度に私が積み立てたお金がごっそり貯まっているので、明日の夜はタクシー代も居酒屋「D」の3人分の代金もそこから出して手出しはゼロです。何だかラッキー。

 私の自宅用のビール、現在の主力は「冬物語」で、コンビニ等では終売ですが通販で(24缶を)3回購入しているのでまだまだ飲めます(ぶっ通しは勿体ないので、ちょいちょい違う銘柄を買って挟んでいます)。Hさん家に持っていくのは毎回違う銘柄。息子氏はこの銘柄というお気に入りは無いそうなのですが、実家暮らしの気兼ねで普段は「赤麒麟」しか飲めないのでビールなら何でも嬉しいそうです。そゆこと言われるとじゃんじゃん買いたくなっちゃいますよねぇ。

忘れてしまいたい望みを かくすために バカ騒ぎするのは

 今週の高2は哀しいかなスキー研修が中止で通常授業ウィーク(但し、水曜日が半ドンで木~日は4連休)、私は突発的に入ってきた高2現代文5コマを担当(3回で終わる予定だった大澤真幸「リスク社会とは何か」を4回で行うことにしたその4回目です)。
 その後、2時間の年休をとって学校から西鉄K駅に移動し、構内の書店・スーパー・薬局を回って色々と買い物。帰宅後は入浴、夕食の準備。明日から故あって暫く(一週間近く)「自粛御膳」をお休みするので、今日の内に冷蔵庫の中を綺麗にしておく必要があります。

 2/8の「自粛御膳」。
 けんちん雑煮・刺身2点・焼き空豆・浅漬け・小鉢3種。
 けんちん汁を作った後、先日の職場「鏡開き」で余ったのを持って帰った餅を焼きました。焼き空豆は事務嬢さんから聞いたもので、熱したフライパンに鞘ごと乗っけるだけ。10分もすれば蒸し焼き状態です(塩はつけてもつけなくても)。小鉢で「飲み屋感」を出すのが「御膳」の幹なのですが、もずくはとても重宝します(もずく酢にチューブの生姜でもいいし、ちょっと贅沢に温玉を落としてもいいし)。
 317蔵目・岩手「喜久盛」。(嫉み 純米生原酒)。この喜久盛酒造、日本酒界の「異端児」を自称して、「タクシードライバー」だとか「死後さばきにあう」だとかいうとんでもネーミングのお酒を出したり(「嫉み」ってのも凄いですよね)、徳島の三芳菊酒造と酵母を交換して「スワッピング」だとか言ったり、サブカルチャー界隈の人と組んでイベントやったりと活動が派手。サブカルチャーイベント経由でオツカル様が「嫉み」を飲んだというのをTwitterのTLにアップしていて、それで少しメールのやり取りが交わせたので今日は勝ちの日だしこの酒は買って良かった。

 弓きいろ『図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編(10)』、『図書館戦争 LOVE&WAR 番外編』読了、★★★★。

名前を返せ。どんなに待っても呼んでくれないくらいなら

 ドリヤス工場『文豪春秋』読了、★★★。水木チルドレンの大好物、しかも文豪の些事逸話を紹介した数ページ漫画は授業のネタにも持って来い、という俺徳案件……と思ったんですけれども、今日日の中高生って、水木とドリヤスとの区別がつかないんでしょうね。
 緑川ゆき夏目友人帳』読了、★★★★。2005年の東大入試文系(小池昌代)の解説、15年以上前に作ったプリントの中に「緑川ゆき夏目友人帳』参照」の手書き文字が書いてありました(「名前」の呪術性について触れた文脈を指して)。プリントを作ったのは05年の3月とかで、確かその直前から連載開始になったんじゃなかったかな。本屋で立ち読みして「良い!」と思った記憶があります。就職当初は、まだ漫画(等)に関するセンサーが働いていた証拠ですね(15年経て、すっかりダメになってしまいました)。

 今日は9時17時で働く日と決めて通常通りに出勤。午前中は授業準備・時間割業務、午後は高3の添削と完全に分けて、それぞれを4時間弱ずつ。切り替えに珈琲を1杯飲んだ意外は朝から飲まず食わずで、帰宅・入浴後の独酌への助走もバッチリ。

 2/7も「自粛御膳」をお休み、独酌のつもりがHさんと隣同士のさし飲みになりました。
 昨日から仕込んでいたおでんはよく味がしゅんでいました。4合瓶の持ち込みは沖縄県唯一の日本酒蔵(通販購入)で、マスターも私もこれにて47都道府県の蔵を全制覇と相成りました(記念の経験としてはありでしたが、お酒自体の味は……ゴニョゴニョ)。
 316蔵目・沖縄「黎明」(吟醸酒)。
 
 Hさんとは明後日の夜にホムパをするお約束(明日は、私が冷蔵庫の掃除がてら「自粛御膳」をしないといけないので)。

それはガウタマ&シッダールタのお線香のおかげだというお話なんですね。

 本日も高2は外部模試で授業無し。試験監督をしながら高3の添削をぼちぼちと。今年は全然見ないなぁ、志望が強気で私立は受けないのかなぁ、それとも受験のために東京に行くのが怖いのかなぁ、と思っていたら、今日初めて慶應大学の小論文が1枚出てきました。
 高2は来週のスキー研修が中止になったために、月~水が授業(最後の水曜日は4限で終了)で、木~日が4連休になります。私はその土日を使って神戸に(三宮)に1泊。舞台『フェードル』を観る他は観光らしい観光が出来るか解りませんが、少なくとも夜は(終演後には時短要請の店が閉り切っているので)ホテルの部屋でテイクアウトの何かを食べるしかなく、それならせめて昼食は豪華にしたいところ……っつーとやっぱり「ショナ・ルパ」でカレーかなぁ。

 2/6も「自粛御膳」はお休み、まだ明るい内から「もりき」へ。時短営業の売り上げ貢献です。
 突き出しがこのしろ、注文はゴマサバにマグロ山かけと刺身づいた夜……いや、夕方かな。初めての酒蔵は「亀泉」「豊能梅」に続いてCEL酵母に挑んだ高知県の蔵でこれがとても美味しかった(2夜連続で初体験の蔵が★★★★という歓び)。
 315蔵目・高知「桂月」(CEL24 純米大吟醸50)。

 帰宅後は、正座してWOWOW清水ミチコ『BEST LIVE 2021~GoTo 武道館 with シミズ』を視聴。告知広告に出てくる5人(中心として披露されるネタ)は小池百合子瀬戸内寂聴忌野清志郎井上陽水黒柳徹子、この中ではオープニングの注意事項をフリップで説明する小池百合子と、曲が般若心経みたいで冒頭にLINE(輪廻)が出てくるという理由で「香水」をバックに説法をする瀬戸内寂聴が良かったかな。あと、YUMISO「コスタリカの誘惑」(伝説のCMソング)がフル・コーラスで聴けたのも嬉し(面白)かったです。

4 よつぶでも ゴマシオ

 櫻田智也『蝉かえる』読了、★★★★。
 シタラマサコ『おそ松さん(9)』読了、★★★。

 今日と明日とは高2が外部模試の受験なので、その監督(配布と回収と)をしながら高3の添削をガシガシとする(だけの)一日。高3の受験にばかり意識が向きがちですが高2の2月の「プロシード」っつったら割かし重要な模試ですよねぇ、というのは解っているのですが、懸命にマス目を埋める生徒をぼんやりと眺めながら考えているのは今日の夕食で使う鰻蒲焼き(1尾)をどのように調理するかということだったりします。
 そう言えば、3週間前の1月20日、共通テスト(←名称嫌)の直後に高2もマーク式の模擬試験があったのですが、国語では確り「実用文」が出ていました。そらそーだよね、数日前の本番であんなちゃぶ台返しがあるなんて誰も思わなかったでしょうからね、しかし「実用文」が「やるだけ無駄」の扱いを受けるなんて皮肉な話ですねぇ(「無駄」という言葉は嫌いなんで出来るだけ使いたくないんですけれども……)。

 で、鰻はひつまぶしにすることに決めました。事務嬢さんと飲んだ後に二人で入ったスーパーで、ノリだけで買ったものの冷蔵庫で放置していたら今日が賞味期限になった鰻です。
 鰻は細切り、タレと一緒に電子レンジで温めます。半分は御飯に混ぜて丼に、残り半分は御飯の上に敷き詰めました。出汁は熱々の状態で土瓶急須(母君が購入なさっていたもの)に。薬味は、3連の小鉢に白胡麻・刻み海苔・小葱・山葵。

 2/5の「自粛御膳」。
 ひつまぶし・サラダ・冷奴・小鉢2種。
 鰻は今日が賞味期限、冷奴には納豆を載せましたが豆腐も納豆も一昨日が賞味期限、刻み海苔はもう少し古いもの。名付けて「限界御膳」、まぁ酒で流せば大丈夫でしょう。そして、最初は鰻飯、次は薬味をのせて、最後は出汁茶漬けに……と一通りやったあと、余った薬味で、神様、僕は気づいてしまった。いざという時には、白胡麻だけで飲めるな。

気まぐれじゃない 奇蹟を 今 焼きつけよう

 大竹しのぶ林遣都の共演舞台『フェードル』@神戸、のチケットを英語パイセンの命により確保、OL沼どっぷりのパイセンはその日を楽しみに激務に耐えておられたのですが。
 英「……行けなくなった」
 私「え、何で?」
 英「××××(←秘)」
 私「あぁ、それは已むを得ないですね」
 英「お願いがある」
 私「はて」
 英「私の代わりに神戸に行って。舞台を観て、遣都くんの美しさを目に焼き付けてきて。そして、国語教師のプライドにかけて私にその美しさを言葉で伝えて」
 私「御意。でも、自分が座る席に他人の僕が座ったのが悔しいとかいう理由で後から怒るのは止めて下さいね」
 英「そんなことある訳ないやろ。それよりも舞台上の遣都くんの視界に空席が入って繊細な心に傷でもついたらと考えたらもう耐えられんやん!」
 ……緊急事態宣言の県から緊急事態宣言の県に、別に特別なヲタでもない私がただ舞台を観るため「だけ」に出掛けるのね。パイセンの命令ですから、勿論お断りするという選択肢はありません。舞台の灯を消す訳にもいきませんしね。来週末、新幹線とホテルとは楽々押さえられました(そらそーだ)。

 2/18からNHKBSプレミアム山本周五郎朗読劇全5話、特に「泥棒と若殿」は涙腺直撃の切なさで録画必至。検索をしたら、歌舞伎の題目にもなってるんですね。
 3/5からはRKB毎日で『夢中さ、きみに。』、関西から2ヶ月遅れの放送地域拡大。原作をお貸ししたら私以上のファンになられた関西数学先生は配信をご覧で作品も演者も良かったと仰ってました。こちらも録画マストです。

 本日は授業5コマ、合間には添削作業や授業準備。
 東大現代文の添削は大変ですが、原研哉藤山直樹・池上哲司・内田樹・伊藤徹・野家啓一中屋敷均・蜂飼耳・藤原新也堀江敏幸……といった書き手の、すっかり顔馴染みになった文章群と戯れるのは楽しいことではあります。就職以来、文字(活字や生徒の手書き文字)に触れる時間は激増し、読了本が減った所以です。

 2/4の「自粛御膳」。
 柚子しゃぶしゃぶ鍋・小鉢4種。
 314蔵目・山口「金雀」(純米吟醸 山廃造)、これは美味しかった。炭酸がバッチリ残ってたのもgood。

きてます きまくりやがってます

 最近巷で流行しているという「脱出ゲーム」、私はどんなものかを全く知らず、ハライチ岩井勇気のエッセイを読んで初めて理解するまでは、ヴィンチェンゾ・ナタリの映画『CUBE』(1997)のイメージでした。で、そのカナダ映画が24年の時を経て何故か日本でリメイクされるという話題。ミンチはあるのか、徳尾浩司脚本は作品世界に合うのか、元ネタは1作目だけな(続編要素が入る)のか、ミンチはあるのか、菅田将暉以下見知った俳優陣で浸れるのか、そしてミンチはあるのか!?

 オツカル様と、久々に長めのやりとり。話題は、おいでやすこがのこがけんがK市の老舗居酒屋「K」の息子さんだったという話。
 オ「やっぱりK市では有名なお店だったのね」
 私「知らなきゃもぐりよ。ザ・大衆、の名店」
 オ「はえーすっごい、ちょっと前に知ったから聞こう聞こうと思って忘れてたけど昨日の放送を見て思い出したとこですわ」
 私「僕も、録画した『相席食堂』って番組、初めて観てみまする!」
 オ「ちなみにK市のシーンの放送尺はかなり短めです」
 私「あら、そなの。撮れ高が……だったのかなぁ」
 オ「ズバリそうでしょう(末男) 詳しくはぜひ見て!」

 実際に『相席食堂』を観たところ、おいでやすこが@K市のスベりっぷりは確かに大惨劇で。オツカル様が面白いと絶賛していたオズワルド(お化けがおる!)は確かに面白かったけれども……
 私「宜保愛子から何年経ったと思っとんの」
 オ「(雄蛇ヶ池の画像)」
 私「いつも思うんだけどさ、そういうテレビとか漫画の一コマとかの画像って、どうやって準備するの?」
 オ「僕は即検索しての貼り付け派です」
 私「違う『派』もあるのね。奥深いわ。『相席食堂』のツッコミ早押しクイズシステム、『マジカル頭脳パワー』ラストの間違い探しみたいで懐かしいねぇ」
 オ「汎用画像保存派もいるからねぇ。『エラーを探せ』は言い得て妙」
 私「汎用画像保存派! 新しい言い回しにもついていけないし、『エラーを』みたいな昔の固有名詞も忘れるし、もうわやですわ。中途半端四十路の孤独。そっちは東京ワッショイで『とぅらぶ』さん? の会場で僕の教え子くんと逢瀬を重ねてるらしいやん? 妬けますわぁ」
 オ「そこは説明するとややこしい話になるので上京してきたときに……かわいい教え子をガチ恋沼にはめた責任は感じています」
 私「それはEくんも交えて聞こうやないかい。んでは、僕は電池が切れるので、またね~」
 ……上京したい! オツカル様に会いたい!

 はっ、と我に返ってここは職場。本日は、今年度最初の高3テスト会です。漢文担当の私の出題は東大文系・理系・九大文系、で大体80枚くらい。昼のテスト終了から添削は4時間ほどで完了。漢文だとはっきり言って楽ですが、これが現代文になると3倍ではきかない時間がかかります。徹夜まではしないにしても、4時間寝られるとは思わない方が良いでしょう(と、来年度の高3現代文を担当するかも知れない己に言い聞かせる)。
 漢文の添削を終えた後は「ボラ添」をガシガシと。

 2/3の「自粛御膳」。
 湯葉炊き込み御飯・鰆西京焼き・納豆キムチユッケ・浅漬け風サラダ・小鉢4種。
 313蔵目・大分「ちえびじん」(裏ちえびじん 番外編)。

さんころりんの よんでいいとこ とんどくれ

 Hさんから頂いた茸御飯とヒレかつ、その内1/3を母君にお供えして、残りをタッパーに移し替えて即席のお弁当を作成。空いたスペースには、作り置きの浅漬けを入れて俄「お弁当男子」(っつっても、作ったのは私ではない上に四十路が「男子」てという話ですが)。職場で浅漬けの味見をなさった事務嬢さんが「美味しい!」と言って下さったのがじわじわと嬉しく(っつっても、これも私ではなくレモンビネガーをプレゼントしてくれた63回生Tくんの手柄なんですが)。

 本日は授業5コマ(高2現代文)を走り抜け。時間と体力とのほぼ全てを高3添削に持って行かれているのでついつい忘れがちになるのですが、私、高2の副担任なんです。大澤真幸「リスク社会とは何か」という教科書教材なのですが、やっている内に興が乗ってきて、3回で終了させる予定が4回に延びてしまいました。一つの文章を4回もかけて行うのは殆ど初めてのことです(鴎外「舞姫」みたいなのを別にすれば)。

 バレンタインの披露宴が延期になってしまった58回生Iくんから、贈ったプレゼントのお礼の電話。式は8月に延期になるそうですが、Iくん自身は4月から滋賀県に転勤だという話です(式の時だけ福岡に戻ってくるとのこと)。ほぅほぅ、それなら次の旅行は滋賀・京都だな。滋賀でIくんと飲んで、京都で67回生と飲んで……。
 一回り年下のIくんから「飲み過ぎ注意!」と叱られる。

 2/2の「自粛御膳」。
 ハンバーグプレート・パリパリピーマン・小鉢2種。
 312蔵目・愛知「星泉」(No.6 無濾過生原酒 うすにごり)。
 ハンバーグは鹿肉と南欧野菜の煮込みで、青山「RATURE」シェフ監修の通販。トマトもハーブも超えてなお届くジビエ感(香りと歯ごたえと)が好き嫌いを分けそうですが私は大丈夫。勿論、お店の味には及ぶべくもないですが、何ちゃって御膳には贅沢過ぎる品です。上京出来る日が来たら必ず行きたいお店。因みに、小鉢のらっきょうはHさんからの頂き物、30才近くまで好きではなかったのですが「もりき」で日本酒調教を受けて以降食べられるようになりました。

妬いてる訳じゃないけれど

 高2の図書委員から、歴代委員の寄稿本を作るにあたって私の同期(47回生)の図書委員を紹介して欲しいと言われ。ぼっちもベテランの域に入った私ですが、でっくん(Z塾~F校~東大・TQCで同期)が味方です。コロナ禍の新宿で働く病理医に「有難う」ではなく「無償労働して」と言い放つのは五輪組織委レベルの蛮挙ですが、でっくんは快く「了解!」と。多謝。
 因みに、その高2図書委員から「先生は、この方をご存知ですか?」と示されたお名前が国語科恩師先生のものだったのには鼻血が出るかと思いました。お辞めになって10年ですので当然と言えば当然ですが。元図書館長でいらっしゃった先生の玉稿も頂きたいという由、私は先生にご連絡を取らないようにしているのですが(隠居宣言をなさったので)、ほぼ唯一交渉をお持ちの超ベテラン美術・ザ・スピリチュアル先生が非常勤でいらっしゃいます。美術先生を通じてお願いを。

 本日は授業無し、時間割業務・授業準備・高3添削の三本柱を終日。

 63回生我らA組文系の「日常性の維持」担当係、今はリクルートでリモート社畜という身分に落ち着いているEくんから、一昨日「年賀状の返事を書くのを忘れていました! 今から送ります!(大意)」というメールが届きまして、今日仕事帰りにポストを見たら本当に葉書が届いておりまして。メールだけで済ませないのは律儀だと思うんですけれども、2月に年賀はがきというのは最早旧正月の域、逆に雅なデジタル・ネイティブです。
 私が送った年賀状には「コーヒーとジョークとはブラックでもいいけど、会社はどうなんでしょうね?(大意)」のメッセージでしたが、返って来た文面からは仕事充実の様子が覗えました(或いは、覗わせるように書かれていました)。えれにすととして是非「ゼクシィ」担当にと期待していましたが今の職場は「SUUMO」なんだとか。
 いや、それより気になるのは、趣味の地下アイドル追っかけを通じてEくんがどんどんオツカル様と仲良くなっているらしいという話。あのね、オツカル様は私の友だち、っつーか推しなの。私を差し置いて勝手に仲良くなってんじゃない、私を通せ、っつか混ぜろ。

 2/1は「自粛御膳」お呼ばれ編@Hさん家。
 茸御飯・ヒレカツチャウダー・小鉢4種。
 料理は全てHさんにお任せ、私はお酒(日本酒・ビール)と通販の食材(気仙沼から通販の鰯・穴子)とを持ち込んだだけ。帰りには、お土産のお弁当(茸御飯とヒレかつと)まで頂いてしまいました。