MANIA MANIERA

 『99人の壁』はスペシャル版を倍速で飛ばしながら視聴しかしたことがないからよく知らないんですけれども、自分はこれなら詳しいというジャンルを自分で指定出来るんですよね。TQCのS先輩は「昭和お笑い史」というジャンルでした。私が番組を観た時には確か「切手」「ガトーショコラ」ってのがあって(100万円達成していました)、この間はTLで「小説イントロ」というのが流れてきました(「これは所謂クイズベタっぽいな」と思いました)。
 私がこれなら行けると思うジャンルは? と考えてみましたが、結論としては「無さそう」です。好きなのは「ユーミン」や「妖怪」や「昭和歌謡」やと浮かびますが、まぁ上には上が何千何万人と居るでしょうね、と。これに関してなら日本で100人のレベルで詳しいぞ、というジャンルとして思い浮かぶものはたった一つしかなく、それは「東大入試現代文」、こんなのクイズ番組のジャンルになんかなるかよって話です。
 例えば、「矢を一本だけ……」みたいに傍線部の文言を読んでもらえたら、何年出題の誰の何という本(文章)から作られた問題の何番目の設問なのかというのは、そうですね、過去30年分くらいならかなりの確率で答えられます(序でに、自分で作った解答例も一緒に浮かびます)。「東大入試現代文イントロ」とかも出来ますよ。「ホーフ/」「知覚は/」(これは2010年代)、「二流の/」「産業革命/」(これは2000年代)、「谷川俊太郎/」「ある人物に/」(これは1990年代)、などなど……

 ……みたいなもんがナンボの役に立つんじゃい! と思ったら、これが意外に役立つもんでして、朝の添削BOXに東大現代文過去問が10種類10枚入ってたとして(今朝はいちばん古いのが89年の高橋裕、いちばん新しいのが12年の河野哲也)、文章も設問も自分の解答例も覚えているので、古い順に添削をして思考や手が止まることはありません(こんなんでいちいち止まってたら捌けるもんじゃありません)。
 勿論、流石に記憶だけで添削するなんて手抜き・傲慢はあり得ませんから、76年以降の東大現代文の解説プリント(自作・何問か欠落あり)を集めたファイルを手元に置いています。この解説プリントというのは、本文・解説・自作の解答例をB4プリント1枚にまとめたもので、これを毎回授業・特講で扱う過去問について作成して(折に触れて改作して)生徒に配布するというのは、勿論のこと国語科恩師先生のなさい方を踏襲したものです。
 因みに、これがB4プリント1枚にまとまらずに2枚分要した問題(要は相当な難問)が2つだけあって、それが01年のリービ英雄と04年の伊藤徹。01年のリービ英雄は私の入学した2年後だからTQC勢で言えば20期、よっすぃやまっきょんや深夜徹夜やポコが解いたことになるんですけど、あんなの初見で読み解けたんですかね(5人をディスってるんじゃなくて、普通無理だろうという意味です)。
 あと、念のために付言しておけば、文章や問題を覚えているからといって、自作の解答例の正しさに何らかの保証が与えられるというようなことは全くありません。外れてたり間違ってたり余計なことが書いてあったりする箇所、たくさんあると思いますよぅ。

 とまぁ、東大現代文についてなら何時間でも話せる(くどいですが解けるとは言っておりませぬ)ぞ、というマニアアピール。いや、だって、自分の日記なんだしその程度のアピールくらいさせてよ、と。今日だってさ、2度目のテスト会、昼には100枚超やって来る答案をですよ、翌朝返却コースで半泣き添削してるんだから。ガシガシ(←涙を擦ってるんじゃなくて、ペンを走らせてる音です)。
 勿論テスト会の答案は(受験指導で必要な過去問は)東大だけではなく、京大・一橋大・九大・神戸大(以下様々な大学)のものがあります。ただ、分量(志望者の数)に絶対的な差がありますから、東大以外の大学の過去問に関しては前述したようなマニアックな(?)情報量を頭に叩き込むほどの経験が無いんですね。センター試験はどうだろう……ん~、やっぱり東大の過去問ほどには淫してはいないです。

 先週はテスト会の日程を勘違いして30分遅れのスタートという愚かな過ち、今日はきちんと9時にスタートしました(それが当たり前ですが)。生徒が解答している間には自由提出の過去問を添削、昼からはひたすらテスト会の答案を添削。あとは、家事をちょろっと、「もりき」で独酌をちょろっと。20時就寝、23時55分(目覚ましの5分前に勝手に目が覚めて)起床。今日(の日記)が終わる前にベッドから起き出してしまいました。その後、眠い目を擦りながら書斎に入ってく辺りから明日の日記ですね。

何ひとつまちがわない人がいるだろうか

 Hさんと盛り上がったらとにかく食べさせられるので、今朝はちょっと胃もたれの起床、4時。書斎で作業、入浴、昼食作成で出勤。昨日添削BOXに入っていた答案を処理(って嫌な言い方ですけれども)してから、本日は終日学年文集に関する作業を。
 67回生を(担任として)3年間担当する間に、彼らに書いてもらった文章も随分溜まりました。現代文の授業で書いた作品と、行事毎に(主に自分がどんな仕事をしたのかという軸で)書いた作文と。全てを掲載することは出来ませんが、そのベスト盤のような学年文集を卒業時に配ります。但し、諸般の事情で完成は卒業式後になりますので、文集は3月末に自宅郵送される予定。既に印刷所とは打ち合わせ済み、支払いも終わっており、150頁程度のものになるだろうという話になっています。

 本日は母君がデイケアサービスの日なので、昼食自宅往復の必要は無し、入浴もリハビリステーションで済ませてくれるので楽チンです。朝食・夕食・洗い物だけなら、全部合わせても30分強というところでしょう(その程度の物しか供していないということです)。

 森博嗣『悲観する力』読了、★★★。これは若い時に読んでおきたい本、中学・高校生あたりが適当な「学級文庫」本ですね(実際、例え話に大学入試が用いられていたり)。
 森氏の新書を読み終えたら、鞄の中にある3冊が全て芸能界関係の本になってしまいました(向田邦子久米小百合山田ルイ53世)。

歴史其儘と歴史離れ

 もう消されてしまっているかも知れませんが、大分前にYouTube都はるみ岡晴夫の「憧れのハワイ航路」をカバーする映像(NHK)を観ました。その中で、「わか~れ~て~ぷを~ え~がおできれば~」という有名な箇所を、ちょっとした遊び心でしょうが十八番の唸りをきかせて「わがあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁれぇてぇえぇぷをぉお~」とがなり上げたのがメチャメチャ面白くて、「そこまで!?」と大笑いしてしまったんですね。ところが、その後で元のレコード(カバー収録のシングル)音源を聴くと、そこを至って普通に歌っていて全く物足りない(面白くない)。こういうの、たまにあります。
 それとはちょっと別の話ですが、「待ってました!」の箇所を強調するサービス精神が、歳月を経てメチャメチャ面白くなってる(熟れ寿司みたいになってる)ベテラン歌手が居ます。
 例えば、南こうせつが「窓の下には~神田川~」という単なるワンフレーズを今や泣きそうな顔で「かんっっっっだがぁぁわぁぁぁ」と歌い上げてたり、「ため息路線」の辺見マリが「やめてぇ 愛してないならぁ」の「てぇ」の部分で漏れていたため息を強調するあまり罰ゲームの白い粉の噴射音みたいになってたりするのは、原曲音源なんかじゃもう絶対に我慢できない中毒状態になりそうなぐらい笑えます。特に私は辺見マリの「経験」を推す。私にとってのマリの推しポイントはえみりの母親であることでも洗脳体験でもなく絶対にあの噴射音です。たまに映像が流れた時に噴射音が炸裂したら手を叩いて笑うし(マジで)、そこがあんまり強調されていなかったら軽く舌打ちします(待ち構えてた30秒を返せよ、と)。現在のマリが「経験」を歌う映像を偶然観る機会がそんなにあるのかどうかというのはまぁ措いておくとして。
 で、本題に入りますが、私が女性芸人として上沼恵美子清水ミチコ以来久しぶりに夢中で推しているミラクルひかるです。彼女、昔の歌手のモノマネに際してはYouTubeを参照していると思うんですけれども、全盛期の歌手のクセが強調されている映像(例えば某賞番組で「二人の銀座」を歌う和泉雅子の声が微妙にしゃくれるところ)とか、サービス精神が熟れ寿司みたいになってるベテラン歌手(例えば最近の渡辺真知子やジャズを歌う八代亜紀)とかを見つけるのがメチャメチャ巧い。普通のモノマネタレントが元音源の歌い方を自己流にデフォルメして強引に面白くする代わりに本人からは離れるという(ミラクルひかるの場合も工藤静香なんかはこっち寄りな)のとは真逆で、元の歌手が自ら原曲を面白くしている(しかもサービス精神から大真面目にやってる)のをそのまま自然に真似するんです。この転換の意味は結構大きいと思うんですけれども、賛同は得られるでしょうか(ミラクルひかるの発明なのかどうかは知りませんし、いつ頃始まったのかも知りません。やっぱりYouTube以降なんですかね)。
 若い客は誰も知らないベテラン歌手のしかも最近の歌い方を、ゴールデンタイムのネタ番組の決勝戦に持ってくるミラクルひかる(他の出場者が鉄板を持ってきている中で一人マイナーな新ネタというその対比自体で先ず面白さを醸します)。元ネタを知らない客は、取り敢えず面白いことだけは判りますから笑います。そして本当に似ているモノマネの迫力なのか知らないのに似ているということは直観できます。そうしたら、スマホでも取り出してちょちょいと検索でもしたくなります。そこで、彼女が参照したYouTube映像を観てもう一度笑うことになります。
 これはもう、具体例の方が早い。弘田三枝子「Vacation」のモノマネ(2018年の新ネタ)を観てみて。知らなくても笑うから。でもって、その元ネタだろう『たけしの誰でもピカソ』の映像(21世紀の弘田三枝子)を観てみて。「同じやん!」ってなるから。そして出来れば最後に元音源(半世紀以上前の弘田三枝子)を探してみて。それなりにパンチが効いてる歌唱ではありますけど(でもって、多分ちゃんと元音源もきちんと押さえた上でそのテクニックもモノマネに取り入れてる配慮も感じられることに更に感動できますけれども)、やっぱりそれでも最早それでは物足りなくなってて、必ずミラクルと『誰ピカ』に帰ることになるから。
 因みに、顔真似でも完璧を追究するミラクルひかる弘田三枝子の無表情も完コピしてましたけど、若しかしたら今の彼女があの表情でしか歌えない理由を知らなかったりするんでしょうか(審査員席の堺正章、ネタを観ている途中の顔を抜かれた時、どんな表情を作って映ればいいのか困っているようにも見えました)。流石にこのご時世ですからそれはないかと思えるのですが……。

 午前中は学校でデスクワーク、国語科会議、昼休みに自宅往復で母君の昼食準備。一旦学校に戻って1時間だけ添削をした後、14時から年休を取って再び自宅へ。今日は母君がMRI検査をするのでいつもとは違う曜日・時刻に「S」病院へ向かいます。MRIは一年ぶり、前回は母君が施設から私の自宅に引っ越してくる(2月25日)一ヶ月前でした。自宅で二人暮らしの一年を経て、母君の脳(小脳の腫瘍)はどうなっているのでしょうか。今日は検査を受けるだけで、その結果を受けての診察は明明後日(金曜)です。
 母君をタクシーで自宅にお送りした後、再び学校に戻って18時まで木曜テスト会の準備(今度はきちんと9時から始めます! 前回は完全に私のミス。誤りました、謝ります、過ちは繰り返しません!)。帰宅後に母君の夕食をお出しして、夜は「もりき」に。久しぶりにお会いしたHさんと盛り上がりました。

君は知ってんだろう? 僕の大風呂敷を

 ホリエモンが東大受験をするという番組をチラリと目にしました。センター試験は受験してるみたいなので、調査書を進路指導室に依頼したってことなのかな。調査書業務は事務嬢さんが一手ですから、申請があったのならご存じのはずです。勿論、個人情報なのでそれを聞いたりすることはあり得ませんが。にしてもエモン先輩、東大二次試験の国語で「自信がないから……80点(120点中)」て。全然データを集めずに(無鉄砲で)やってるってことなのね。強気が吉と出たら良いですけれども(だって、もし本当に合格なさったらそれでウチの学校が東大を1人稼ぐことになるわけですし!)。

 連休二日目。午前中は自宅でデスクワーク、以降昨日と全く同じ動き方をして、夜の独酌だけ店を変えて居酒屋「A」にて(月曜は「もりき」店休)。

ダメダメダ! 見たろ見てたろ

 キャンセル分の放出を待ち構えながら毎日チケット販売サイトをチェックしていたら、無事にローチケのサイトで6月1日(土)の折坂悠太ワンマン(@梅田)を購入できました。この日は半ドンの授業後に母君の夕食、翌朝食を作ってから新幹線、翌早朝に帰還、という流れですね。勿論、例えば土曜の放課後に特講が入る等、仕事のスケジュール的に無理になったら諦めなくてはなりませんが。

 某受験掲示板で、F高入試当日の受験生送迎で近所のコンビニ駐車場を占拠した引率者が批判されていました。投稿者に賛意。何年も前ですが、車両立ち入り禁止の構内に堂々と侵入して駐車したバカ親すら居ましたからねぇ(子どもの合否は知らないけど、落ちてて欲しいなぁ)。

 午前中は自宅でデスクワーク、午後は学校でデスクワーク、浪人生・元高1Aで今は東京に転校した某さんから頼まれていた添削答案を速達で返送、夕方はネカフェで日記を数日分更新。自宅に戻って母君の入浴のお手伝い、夕食作成。夜は「もりき」で読書独酌。

チューリップなどは 開きすぎれば すぐに片づけられて

 中学・高校の合格者招集行事がF校親玉大学所有の体育館にて。ここに来る生徒・保護者の全員が入学を決めている訳ではありません(公立の発表もありましょうし、その他様々な選択肢があるはずです)ので、管理職その他の教員がプレゼンを行ってF中・高をアッピールする場。勿論、既に入学を確定している生徒・保護者もおり、例えば体操服の採寸であるとか入寮の申し込みであるとか具体的な手続きを行っている人たちも居ます。
 私がここに臨席した理由は、高3担任団は暇だからというもの。今週のテスト会は火曜~金曜の4日間で本日土曜はテスト会無し。ですので、生徒に関しては学校で自習したい人だけが登校する、担任団に関しては他学年の授業がない教員は完全フリーということになります。で、私はその完全フリーに該当しており、だったらいざという時のお手伝いのためにそっちに参加しとこうかという流れ。結局、「いざという時」は訪れませんでしたので、完全にただ見学しただけで帰るだけになりました。

 会場となった体育館の近く(徒歩圏内)にK市では有名な食堂系ラーメンの「O」があり、招集行事終了後の11時半頃に入店してラーメンとおにぎり(豆おにぎり)とを食べたのですが、豆おにぎりの方の塩加減が絶妙だったので、本当はしていないということでしたが一つお土産に包んでもらいました。母君の昼食です。
 自宅に戻って母君に昼食を出してから学校へ。添削その他デスクワーク。

 2月に入ってから、B組の男子生徒2人が熱発で倒れた(テスト会を欠席する)という連絡を受けました。2人とも3年間無遅刻無欠席(出席皆勤)の生徒だったので「へぇ」という感じ。月曜の修了式以降は出席をカウントしないので「出席皆勤」が取り消しになることはありませんが、張り詰めてたところに少し隙が出来たのか、二次試験前(来週からは私大入試が本格化)に神様がちょっと休めと命じたのか。

 夜は、63回生の担任団(主任化学・体育・数学・国語私)4人と保護者理事(PTAみたいなやつ?)5人と、合わせて9人で新年会。「まだやっとんのか」というツッコミが聞こえてきそうな話ですね。卒業生にとって大学4年間は心身環境激変の時、卒業した高校なんて既に遠い遠い彼方のことしょう(勿論、そこで出来た友人との縁はずっと続きますが)。しかし、保護者教員、もう若くないオヤジ・オバサンにとっては4年間なんて寸の間なんです。卒業生たちの「心身環境激変」を話題にたっぷり4時間盛り上がり。私も、リップサービス程度で軽めの毒を吐いたらこちらの心のデトックスにもなるというWin-Winの(下品な言葉!)トークを楽しみました。
 一点、反省。突き出しのサラダ(1人1皿)を全員に回すとき、超ベテラン体育先生の皿からプチトマト4切れをひょいパクしてから「トマト取っときました~」とお渡ししたら、理事さんたちに軽く引かれてしまいました。体育先生と同窓数学は生のトマトが駄目で、いっつも飲むときにこれをするのが当たり前になってるんで完全に素でやっちまいましたね。場は弁えないと。

眠りの国のゴンドラはひとり乗り

 0時過ぎに起き出して、書斎で添削をガシガシ。3時過ぎにお風呂に入ったのが気分転換、目も覚めますし身体も温まります。母君の朝食作成も挟んで、7時30分には100枚の答案の添削が完全に終了。添削マッシーンです。出勤後、7時55分に添削BOXに答案の分厚い束を放り込む、この達成感ね。
 今回のテスト会添削は、藤山直樹内田樹前田英樹池澤夏樹・高田宏・大庭みな子・戸井田道三・石原吉郎高階秀爾山田真茂留。それぞれが小文だったり長文の一部に過ぎなかったりだとは言え、半日以上かけてこれだけの書き手の文章の解釈について熟考するというのは、やっぱり醍醐味です。冥利です。朝8時に既に眠いけど。既にキツいけど。

 テスト会当日はその答案の採点にだけ没頭したい(そうしなければ翌朝の返却が出来ない)ので、各自が自由に出してくる過去問添削はお断りしています(「添削堂」休業の案内をBOXに貼り、提出答案は翌日以降の添削になる旨を告知)。ですので、ガシガシと添削を終えて出勤した私に待っている仕事は、2日分の提出答案を添削するというもの。やっぱりマッシーンです。

 10年前には出来て今は出来ないことの一つが、翌日に仕事を控えた徹夜です。昨日(と今日と)のテスト会添削も、10年前なら「飲まずに徹夜コース」でした。でも今は「飲んで4時間失神コース」が関の山です。それでも今日は9時~17時の仕事が眠さでやや散漫(自宅に戻って母君の昼食をお出しした後、30分ベッドで仮眠をとりました)。それでも、夕方帰宅の後はいつもの家事をこなして「もりき」へ向かいます。眠いけど。
 「もりき」は鴨コースの予約で今日も満席。美味しい美味しいと鴨を食べている人たちの横で、その1/3の値段の地鶏タタキを肴に独酌。合間に、明日の63回生担任団・保護者理事飲み会(K市「T」)の予約内容確認、24日の東大下見慰労会(新宿「にっぽんマグロ漁船団」)の予約、25日の61回生飲み会(渋谷「虎視眈々」)の予約。幹事仕事が無茶苦茶捗ります。眠いけど。

 西原理恵子『ダーリンは73歳』読了、★★★。

えっ、勘違い? 春田、勘違い?

 3時半起床、書斎で添削。入浴後、母君の朝食を作ってお出しして、書斎で添削の続き……をしていた8時55分、主任地理先生から携帯に電話がかかってきました。
 地「池ノ都先生、今どこ?」
 私「(嫌な予感)えっと、まだ『外』ですけれども、何か?」
 地「いや、あと5分でテスト会始まるでしょ、問題どうしよう、って」
 私「……今日って、水曜ですよね?」
 地「いやいや、木曜」
 10分後には着替えて学校に居たところ「だけ」は自分を誉めたい。最初の返しで「自宅」ではなく「外」って言ったところに焦りと卑怯とが窺えますが、とにかく「今日が国語のテスト会」だということを完全に失念する痛恨。テスト会は各大学9時に一斉スタートですが、生徒にお願いして9時半からに変更してもらいました。何しろ、明日がテスト会だと勘違いしていた私、問題原稿をまだ印刷していなかったのです。印刷室の事務員さんに米つきバッタでお願いして手伝っていただき、何とか9時半開始に滑り込めた格好。原稿準備が終わっていなかったら完全に「アウト」でした。

 用意した問題は7種類。東大文系は150分、九大・京大文系は120分、一橋大・神戸大・東大理系は100分、京大理系は90分の試験時間ですから9時半に始まったテスト会の全ての答案回収を終えたのは12時過ぎ。その後、自宅往復で母君に昼食をお出ししたら、現代文100枚超の答案の添削をひたすらガシガシと。
 答案100枚の添削、1枚を7分で計算したら12時間。答案は明朝8時に返却BOXに入れますので、本日13時から明日8時までの19時間の間にそれだけを捻出したらいいことになります。家事でしょ、飲むでしょ、寝るでしょ、という時間を考慮したらまぁギリギリ大丈夫かなというところ(飲みはしますよ、ええ)。

 添削は途中で場所を自宅書斎に移して18時過ぎまで。母君の入浴のお手伝いや夕食作成やに多少時間を割きますが、基本的にはノンストップで赤ペン・青ペンを駆使、掌は直ぐにインクで紫色になります(赤と青って、混ざるとホントに紫になるのねぇ)。
 18時半に入店の「もりき」を出たのは20時、帰宅後は直ぐに就寝準備。今日マスターに出してもらったすき焼き風の素麺(馬肉使用)はめっちゃ美味しかったなぁ。馬車馬のように働けっつーことなのかなぁ。

 蝉川夏哉異世界居酒屋「のぶ」五杯目』読了、★★★★★。眠りに落ちる前のベッドで、ラスト1章だけ残していた分を読みました。明日も頑張ろう。

雲の影に 明日の夢をおいかけてた

 KO大学の小論文添削を4人。小論文の添削は時間が掛かりますし、返却時に解説やその後の方針を考える面談を行いますので、かなりの時間を持って行かれます。だから、一日に4人というのは結構キツいスケジュール。で、今日は、その4人(文系)全員が「子ども食堂」を知らなかったのに驚かされました。蝶か、花か、って感じ。

 母君は週一のリハビリステーションですので昼食往復はせず、朝から夕方まで学校。夜はいつも通りの家事をこなしてから肉料理「I」で読書独酌。通常通りに就寝して、翌朝仕事関係でとんでもないミスを犯すんですが、明日の日記に書きます。

 久世岳『うらみちお兄さん(3)』読了、★★★。
 樹木希林樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』読了、★★★★。

かつては海だ 命は海からやってきた

 本日から高3生は出席が義務ではなく(次の全員出席は卒業式3月1日)、登校する生徒は午前中に3州連続で行われるテスト会に自由参加する、若しくは空き教室で自習する人だけになります。テスト会は数学・英語・理科社会・国語を日替わりで行い、毎週木曜に行われる国語は東大・京大・一橋大・九大・神戸大の5大学の過去問を準備してそれぞれを志望する生徒が解くという形。今日の私は一日フリーなので、職員室でひたすらデスクワークです。

 遅まきながら購入したケイト・ブッシュのリマスターBOX(輸入盤)が昨日事務室に届きました。仙波清彦のベストアルバムはリクエスト100%達成で発売決定、これは購入予約済み。コンサートのチケットは中島みゆき(2月)、松任谷由実(3月)、井上陽水(5月)、新居昭乃(6月)。物の見事に50代以上しかいません(平均を取ると60代後半になる)。観られるうちに焼き付けておかないと。
 「観られるうちに」と言えば、6月の折坂悠太ワンマン(大阪)のチケットが先週末発売だったのに今更気づいてしまいました。勿論、イープラス・ローチケ・ぴあ、全てのサイトで「予定枚数終了」。これからキャンセル待ちを狙いますが、取れるかどうか。今回の大阪の会場はスタンディングで350人だそうですが、この人の場合は遠からずチケット購入が本当に難しくなるだろうからそういう意味で「観られるうちに」焼き付けておかないといけません。

 夜は、非常勤のS先生・事務嬢さんと3人でおされ焼鳥「S」……まぁ、女子会です。S先生は予備校掛け持ちのカリスマ講師で、次々に繰り出される業界話に私も事務嬢さんもすっかり引き込まれてしまいました。二次会は事務嬢さんと二人でライブバー「A」。本当に入り浸ってます。今日は珍しく、私が「帰ろ~」と言ったら「帰りましょう」という返事でした。仕事、忙しいんです。