読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと待って Play Back, Play Back

 柳川観光列車「水都」乗車記念カードをアホほど集めまくって、クローバーにスペードにとチョキチョキペタペタ、一生懸命に手作りしたトランプが「学校に必要ない!」と担任団数学先生に没収されたのは、我らが1Aの生徒某くん。
 週明けから「3分間スピーチ」を始めるトップバッターを誰にしようかと考えていたところ、A組51人に担任を足したら52人になるからトランプでくじ引きが出来る、とふと気づいてしまった担任の池ノ都先生。
 「何か知らんけど一人でカード集めまくってこんなことやっとった奴がおったけん没収したから。叱っといて」と、まさにそのタイミングで池ノ都先生にトランプを渡して下さったのは担任団数学先生。

 というわけで、朝のSHRでトップバッターを決めるくじ引きを行いました。トランプ52枚がそれぞれ出席番号1~51&担任とに対応。生徒某くんにトランプを引いてもらい、当たった生徒から月曜の「3分間スピーチ」です。くじの引き手はトップバッターに軽く恨まれますけれど、まぁそれがペナルティだと思って下さい。大役のお礼に、くじに使ったトランプは差し上げました。

 さて本日、我ながらやるなぁ、と思えるファインプレーをかましたので、以下に自画自賛。
 業務終了後17時半の職員室、今日は焼き鳥「Y」のカウンターで独酌読書だ予約予約……と、携帯片手に職員室の時間割白板を通り過ぎ、通話ボタンを押そうとした手がふと止まる。ん? この違和感は何だ? ……10秒考え、発端はここかしらと先ほど通り過ぎた時間割白板に目をやる。と、4限が数学科実習生の61回生Iくんの研究授業だったということを知る。
 研究授業なら放課後に合評会があって、その日の夜は科で慰労会を行うというのが通常の流れ。Iくんに数学を教えた先生の馴染みは確か「Y」じゃなかったか……とIくんに聞いたら果たしてドンピシャ本日の数学科慰労会会場は「Y」、で華麗に鉢合わせ回避。Iくんには「あの店は飲み放題が充実してて、カクテル止まりの人でも色々選べるからいいですよ」とお伝えしておきました。
 というわけで、夜は2連チャンの「もりき」。