読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強い人 弱い人 男の人 女の人

 B組で板書準備の休み時間、生徒の会話。
 A「『ドラゴンボール』はお父さんに勧められて全巻借りて読んだ」
 B「俺は最近友達に借りた。お母さんが全巻持ってるっぽいんだけど……」
 漫画ってのも家庭内文化資本ですよねぇ。それにしても、「全巻持ってるっぽい」ってのは面白かった(「持ってる」って断言じゃないんだ)。私の実家みたいに母子2人で2Kの家では母子間の(少なくとも趣味所蔵物レベルの)秘密は皆無でしたが(思春期の寮生活は天の配剤!)、普通の家だと親子間夫婦間でも隠したり知らなかったりすることがあるんですかね。

 何度か書いていますが、今年のコーラス大会はB組で舞台に上がります。オッサン学ランは恥ですが、昨日は(生徒から借りた)学ランを着て授業をしまして、晒す準備はできてます。それにしても喉がガラガラなのが大変……と、クラスの某くんに「大量に差し入れてるのど飴、どうして自分で舐めないんですか?」と訊かれて目から鱗、ぽろり。鱗、ぽろり、ぽろり。

 6時入りの学校でデスクワーク、半ドンの1限・3限が授業で喋りっぱ、喉は治りと壊しとのいたちごっこ。
 で、夜は予てお約束のHさん家ですき焼きパーティー。1000円とビールと日本酒とを持ち込んだらあら不思議こんなに美味しくて豪華な食卓につけるのね……と、ここで日本酒を2人で8合とか飲んでるから、喉が治らないんじゃないのか、という疑問は封印。

 本日、一日に4度「ありがとう」と言われる。珍しい日でした。
 ①担任「はい、書類。印鑑押しといたから」 生徒「有難う御座います」
 ②息子「そろそろ帰ります。また来ますから」 母君「有難う」
 ③男子「あ~っ、ボール!」 女子「誰か取ってくれた!」 男子「ありがとーございますっ!」
 ④私「はい、これ、日本酒。保護者経由です」 Hさん「ありがと~、うふふふふふふふふふ」

 因みに、夕方お見舞いに伺った母君の前では極力喋らないようにしていたんですが、帰りに「風邪が治ってないなら、明日も来なくていいからゆっくりしていなさい」と言われました。むぅ。