読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盗っ人泥棒野郎そうとも貴様のことだこの両性具有め

 昼休みの高3フロアを通ったら、とある高3の教室で生徒数人がトランプをしているのを見て、ちょっと違和感を。文化祭後の受験モードどっぷりのクラスメイトが室内に居ることに配慮して、遊ぶにしてもホームルーム教室以外の部屋を選ぶとかいう配慮があった方が良いと思う、と自分の学年だったら言うところかな。休み時間に休んで遊んで何が悪い? と聞かれたら全く悪くないと即答せざるを得ませんが。

 授業は5コマ(高1現代文)、その他の時間は「合格体験記」の原稿校正。私が第一校正を行い、二検を進路の事務嬢さんが行うという共同作業です。

 140字×2=280字
 【一緒に「合格体験記」を校正中の事務嬢さん、毒舌なう。「この子も! この子も! みんな中1ではやる気なのに中3で中だるみして高1では外部生に負けつつも最低限英数の宿題はこなしたことが後で効いて高3の文化祭後の切り換えに成功して夏模試の判定にも一喜一憂しないで努力したら合格してる!」】
 【事務嬢「この子も! この子も! この子も! みんな二次の対策さえしてればセンター試験の為の勉強は直前期以外は必要ないと言いながら演習量が大事なことだけはくどいぐらいに力説してて実際に『良問の風』と『名問の森』とを飽きもせず何周も何周も!」 私「もう、全員連名で文章1つでいいよね」】
 昔は、ちょっとした学校批判だったり、過度に文学的な文章だったり、多様な文章があったんですけれども、最近は(依頼するメンバーを元担任がチョイスするその選び方が慎重になったせいか)割とみんなの文章が似てきたんですよね。別に良い悪いの話ではありませんが。

 さて、その事務嬢さんが所用でドタキャンなさった「女子会」に代理参加する私、生物学上は男。でもクラスの女子に対してはタッツ・マングローブでタツコ・デラックスになれるように、クラスの男子に対しては野原みさえになれるように、いつでもオネエや女子やに変身できるの(貴様いつまで女子でいるつもりだ問題)。
 店は日本酒バー「Y」。5000円のコースで、冷蔵庫にずらり並んだ筑後純米酒が飲み放題。料理はマスターが地産地消(魚介類以外)に拘って仕入れたものをお任せで……なんですが、今日は3人とも傘が役に立たない濡れ鼠状態で店に入って来ることになった程の大雨、でしたので魚介の仕入れが少なく料理は肉の串物中心(タンステーキ絶品)。

 「女子会」で話された内容は……うん、書けない。あのお先生のことこのお先生のことそのお先生のこと、よくもそこまで言いたい放題言えるなという汚染性トーク、罵詈罵詈だぜ。
 国語「あのですね、僕、普段、参加してなかったら君らにここまでズタボロに言われてるわけ?」
 英語「だから欠席せんほうがいいんよ」
 体育「今日はまだ優しい方だと思いますよ」

 汚染性トークで酒が進みすぎて、二次会のおされバーでは途中で20分の寝落ち。